ミルフィーユ豚カツ

ミルフィーユ豚カツ

ミルフィーユ豚カツ

料理名 ミルフィーユ豚カツ
番組名 情報ライブ ミヤネ屋
コーナー 愛のスパルタ料理塾
料理家 林裕人
放送局 日本テレビ
放送日 2014年6月20日(金)

肉汁あふれる柔らかなカツと、濃厚なソースが絶品です!

手軽な豚こま切れ肉を使った豚かつです。手作りのソースは、家にある調味料で作れる嬉しいレシピです。

材料(4人分)

豚肉(こま切れ) 400~450g
少々
こしょう 少々
(衣)
小麦粉 適量
2個
パン粉(細かめ) 適量
サラダ油 大さじ1
(ソース)
玉ネギ 1/4個
赤ワイン 大さじ4
豚カツソース 大さじ4
ケチャップ 大さじ2
無塩バター 20g
塩・こしょう 各少々
適量
練り辛子 少々
サラダ油 適量

作り方

【豚肉の下処理】

1、肉をならべる

ミルフィーユ豚カツ通常はロース肉を使いますが、今回はこま切れ肉を使います。

バットを逆さまにし、ラップを敷きます。その上に、こま切れ肉(400~450g)を広げるように並べていきます。なるべく重ならないように、きれいに並べてください。

臭みをとるための塩(少々)をふりかけます。

細かすぎる肉も後で使いますので、同様に塩をふっておきます。

2、冷凍庫に入れる

整形しやすくするために、豚肉(両方)を、冷凍庫に10分くらい入れます。

10分後に取り出し、豚肉から出てきた水分を拭き取ります。

3、整形

ミルフィーユ豚カツまず味付け用に、細切れの細かい肉に、塩・コショウ(各少々)を振ります。

細かいこま切れ肉を芯にして、ラップに広げた肉で巻いていきます。

目安は、直径4cmほどになるまで作ります(おそらく2つ)。丸めてきれいに整形してください。

 

4、切って、さらに整形

ミルフィーユ豚カツ2cm幅に切って(肉の繊維に沿って)、切り口を上に向け、手で押さえて成形します(4つ)。

 

5、下味

ミルフィーユ豚カツ塩・コショウ(各少々)で下味をつけます。裏面も同様に行います。

【ソースを作る】

1、玉ねぎの処理

ミルフィーユ豚カツ玉ネギ(1/4個)をみじん切りにします。

サラダ油(適量)と無塩バター(10g)を入れた鍋で、中火で炒めます。

塩を一つまみしておくと、水分が出やすく焦げにくく、炒まりやすくなります。

2、加える

ミルフィーユ豚カツうっすらと色づいたら、赤ワイン(大4)を加えてアルコールを飛ばし、1/3程度になるまで煮詰めます。

そこへ、豚カツソース(大4)、ケチャップ(大2)を加えます。さらに、塩・コショウ(各少々)で、味を調えます。

水(適量)で濃度を調節し、バターを大さじ1杯分くらい入れ(10g )、火を止めて余熱でバターを溶かします。

お好みで練り辛子(少々)を加えます。

【ころも】

1、粉をつけ、溶き卵にくぐらせる

ミルフィーユ豚カツ小麦粉(適量)をまんべんなくつけ、余分な粉ははたきます。

ボウルに溶き卵(2個分)を入れ、サラダ油(大1)を加えます。サラダ油は、衣がつきやすくなるうえに、カラッと揚がる効果もあります。

溶き卵にくぐらせ、余分な卵は取り除きます。次にパン粉(適量)をつけます。

2、パン粉

ミルフィーユ豚カツ肉に直接触らないように、パン粉をつけます。触り方は、パン粉を通じて肉を触ります。直接、肉を触るとパン粉がはがれてしまうので、注意してください。

上から軽く抑えるように、パン粉を接着させてください。

3、二度づけしてサクサクに

ミルフィーユ豚カツパン粉がついた肉を、もう一度卵にくぐらせます。そして、パン粉をつけます。

二度づけすることで衣がしっかりつき、さらにサクサクになります。

そして、パン粉をなじませるため、約5分冷蔵庫で休ませます。

【揚げる】

1、揚げる

ミルフィーユ豚カツ油の温度は180度で揚げていきます。揚げかすは、油が悪くなる原因です。なるべく取り除いてください。

衣がある程度固まったら、裏返します。余熱でどんどん揚がってきますので、通常より揚げあがりの色が薄い感じでO.K.です。

「チリチリ」という高温がしたら、引き上げる目安です。

2、油をきる

ミルフィーユ豚カツフライパンからあげるときに、油をきりながらあげます。

また、揚げた後、立てかけると油がよく切れてサクッと仕上がります。

3、盛り付け

ミルフィーユ豚カツ豚カツを器に盛りつけてソースを添えます。これで完成です。

このページの先頭へ