トマトクリームパスタ

スポンサーリンク

トマトクリームパスタ

トマトクリームパスタ

料理名 トマトクリームパスタ
番組名 情報ライブ ミヤネ屋 愛のスパルタ料理塾
料理人 林裕人
放送局 日本テレビ
放送日 2015年1月14日(水)

 

鮭とベーコンのうまみたっぷりトマトソースパスタ

「子供たちが残さず食べてくれるおいしいトマトクリームパスタを作りたい!」というリクエストに、ミヤネヤお馴染みの林先生が、子供から大人まで喜ばれる「トマトクリームパスタ」の作り方を伝授していました。鮭とベーコンのうまみたっぷりのトマトソースがパスタによく絡んで絶品パスタです!

スポンサーリンク

トマトクリームパスタの材料(2人分)

 

サケ 100g
ベーコン(ブロック) 60g
玉ネギ 1/8個
塩、白コショウ 各適量
オリーブ油(エクストラバージン) 適量
イタリアンパセリ 適量
(下味)
白ワイン 大さじ3
オリーブ油(ピュア) 適量
(トマトクリームソース)
オリーブ油(ピュア) 大さじ3
ニンニク 1/2片
ホールトマト 150g
生クリーム 100cc
パスタのゆで汁 お玉2杯
イタリアンパセリ 4本

 

 

トマトクリームパスタの作り方

トマトクリームパスタ1、玉ネギ(1/8個)をみじん切りにする。ベーコン(ブロック 60g)の表面を取り除き、3mmの棒状に切る。

※ベーコンの表面を取り除くと、くん製の臭みが軽減される

トマトクリームパスタ2、フライパンに少量の水を入れて火にかけ、ベーコンをゆでる。表面の色がうっすら変わったら、ザルに上げておく。

※下ゆですると塩分と臭みが程よく抜ける

トマトクリームパスタ3、サケ(100g)の皮を包丁に引っ掛けて、左右に動かしながら引っ張り取り除く。

※サケとベーコンは相性抜群、相乗効果でうま味UP

※皮は生臭いので取り除く

トマトクリームパスタ4、火をつけていないフライパンに、1のみじん切りした玉ネギを入れ、その上に3のサケをのせる。さらに2のベーコンを散らし、白ワイン(大3)、オリーブ油(ピュア 適量)をかけたらフタをして蒸し焼きにする。

※ベーコンの油分で、サケのパサつきを防ぐ

※サケを玉ネギの上にのせることで、サケに直に火を通さないので、ふっくら仕上がる

トマトクリームパスタバットに取り出したら、バットを傾けて具材と水分を分け、具材に直接ラップかけて置く。

5、イタリアンパセリの葉の部分(4本 飾り用に少し残して)を細かく刻んだら、キッチンペーパーでしっかり水分を拭き取る。

※イタリアンパセリで風味良く

6、ホールトマト(150g)の果肉を手でしっかりつぶす。

※ホールトマトは、あらかじめつぶしておくことで、味がなじみやすくなる

トマトクリームパスタ7、ニンニク(1/2片)は、半分に切ったら芯を取り除き、上から力強く押し、繊維をつぶす。フライパンにニンニクとオリーブ油(ピュア 大3)を入れ、弱火で火にかける。

※油の中にニンニクの香りを出す

トマトクリームパスタ8、ニンニクの香りが出てきたら、6のつぶしたホールトマトと4のバットに溜まった具材の蒸し汁を加える。煮詰めて水分を飛ばす。

9、鍋に水(2リットル)、塩(約20g、分量外)を入れ、沸騰させる。スパゲッティ(140g)を指定時間より1分短くゆでる。

※麺をゆでるときの塩の分量は、水1リットルに対して塩1%

トマトクリームパスタ10、スパゲッティのゆで汁(お玉2杯)を8のソースのフライパンへ加える。

トマトクリームパスタさらに刻んだイタリアンパセリ、4の大きめにほぐしたサケの身、玉ネギ、ベーコン、生クリーム(100cc)を加え、弱火でじっくり煮詰める。

塩・白コショウ(各適量)で味を調える。

トマトクリームパスタ11、ゆで上がったスパゲッティの湯を切り、10のフライパンへ加え入れ火を強くしてよく絡める。

トマトクリームパスタ12、器にスパゲッティとトマトクリームソースをたっぷり盛り付ける。イタリアンパセリ(適量)を飾り、オリーブ油(適量)を振り、トマトクリームパスタの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ