ギョーザ

スポンサーリンク

ギョーザ

料理名 ギョーザ
番組名 情報ライブ ミヤネ屋 愛のスパルタ料理塾
料理人 林裕人
放送局 日本テレビ
放送日 2017年1月13日(金)

 

皮パリパリ!肉汁たっぷり!

ミヤネ屋・愛のスパルタ料理塾のコーナーでは、「皮がパリパリのおいしい餃子を作って家族を見返したい」というお悩みリクエストに、ミヤネ屋おなじみ林裕人シェフが、「ギョーザ」の作り方を紹介、伝授していました。少し多めの油で皮パリパリ!肉汁たっぷり!の焼き餃子に仕上げます。

スポンサーリンク

ギョーザの材料(20個分)

 

豚ミンチ 100g
白菜 200g
ニラ 20g
白ネギ 15g
ショウガ 10g
【味付け調味料】
小さじ1/2
白コショウ 少々
小さじ2
濃口しょう油 大さじ1
ゴマ油 小さじ2
ギョーザの皮 20枚
適量
片栗粉 適量
サラダ油 適量

 

 

ギョーザの作り方

1.あん作り。白菜(200g)は葉と軸の部分を分けてからそれぞれ粗みじん切りにします。刻んだ白菜全体に塩(小1)をなじませてしばらく置いてから、ふきんなどに包んで水分を絞ります。

ニラ(20g)は根に近い部分は硬いので切り落としてから小口切りに、白ネギ(15g)とショウガ(10g)はそれぞれみじん切りにします。

※軸の部分は厚みがあり食感が違ってくるので、そぎ切りにしてから刻む
※仕上がりがべチャッとならないように水分はある程度取り除く

-

2.味付け調味料の塩(小1/2)・白コショウ(少々)・酒(小2)・濃口しょう油(大1)・ゴマ油(小2)を作ります。

※調味料をあらかじめ合わせておくと、味が全体になじみやすくなる

-

3.ボウルに切った野菜類と豚ミンチ(100g)、2の合わせ調味料を入れて混ぜ合わせます。

ギョーザ

※練り過ぎると仕上がりが硬くなるので、ひとまとまりになる程度にする
※あんは約半日冷蔵庫で休ませると、味がなじんでよりおいしくなる

-

4.3のあんを小さじ1程度、ギョーザの皮の中心にのせて、皮のフチに水を付けて包みます(20枚)。包んだら、片栗粉(適量)を薄く振ったバットの上に並べておきます。

※包むとき、皮をずらして折り曲げる。ずらしてはみ出したほうに2か所ヒダを作れば自然と皮のフチが合わさり、簡単に包める

-

5.焼き仕上げる。フライパンに多めのサラダ油(適量)を熱し、ギョーザを並べて焼きます。

ギョーザ

※多めのサラダ油で焼くことで、皮がパリパリになる。それに加え、底にくっつきにくくなる

-

6.しっかりと焼き色が付けば、余分な油を切り、お湯を注いでフタをし、中弱火にして蒸し焼きにします。水分がある程度蒸発すればフタを取り、完全に水分を蒸発させて底面がパリッとなるまで焼きます。

※早く蒸発させるため、水ではなくお湯を注ぐ

-

7.焼き目を上にして皿に盛り、お好みで、しょう油・酢・ラー油・からしなど(各適宜)を添えて、ギョーザの完成。

ギョーザ


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ