イワシのかば焼き丼

スポンサーリンク

イワシのかば焼き丼

イワシのかば焼き丼

料理名 イワシのかば焼き丼
番組名 情報ライブ ミヤネ屋 愛のスパルタ料理塾
料理人 林裕人
放送局 日本テレビ
放送日 2016年3月30日(水)

 

濃厚だれがよく絡んだふっくらイワシのかば焼き

「見た目も味も完璧なイワシのかば焼き丼を作って、家族を喜ばせたい」という希望に、ミヤネ屋・愛のスパルタ料理塾でおなじみ林裕人シェフが、ポイントをおさえた美味しい「イワシのかば焼き丼」の作り方を伝授。イワシは身が弱ってしまうので、必ず冷たい水で洗います。まぶした薄力粉は包丁の背で軽くたたいて薄力粉を身に定着させることも重要。濃厚だれがよく絡んだふっくらイワシのかば焼きに仕上がります。

スポンサーリンク

イワシのかば焼き丼の材料(4人分)

 

イワシ 8尾
ごはん 丼4杯分
大葉(千切り) 4枚
粉山椒 少々
薄力粉 適量
サラダ油 適量
(かば焼きのタレ)
大さじ4
砂糖 大さじ4
みりん 大さじ8
濃口しょうゆ 大さじ10
ショウガの搾り汁 20g分

 

 

イワシのかば焼き丼の作り方

1.下準備。イワシ(8尾)の頭を取って、腹を切り内臓を取り出す。 包丁の先でウロコを取り除き、塩を少し入れた冷たいため水の中で身を洗う。

※身を傷付けないよう、流水ではなく、ため水の中で洗う
※身が弱ってしまうので、必ず冷たい水で洗う
※塩を入れることで身が締まる

-

2.骨を取り除き、塩(分量外、適量)を振る。ラップをして冷蔵庫で約10分置く。

※塩を振ることで、臭みを引き出す

-

3.タレを作る。砂糖(大4)、酒(大4)、みりん(大8)、濃口しょうゆ(大10)、ショウガの搾り汁(20g分)を全て混ぜ合わせる。

※冷蔵庫で約10日間保存可能

-

イワシのかば焼き丼4.仕上げ。2のイワシの水分を拭き取り、薄力粉(適量)を両面に付け、余分な粉を落とす。

薄力粉を身に定着させるために、包丁の背を使い、1mm程度の間隔で、身を軽くたたく。

※塩を振って出てきた水分は臭みの原因なので丁寧に、拭き取る
※身が弱いので、薄力粉を付けるときは、できるだけ身を触らない
※薄力粉がなじむため、うまみが閉じ込められる

-

イワシのかば焼き丼5.フライパンの底に回るくらいサラダ油(適量)を入れ、イワシの身のほうを先に下にして、中火で色付くまで焼く。

両面がこんがり焼けたら、一旦取り出す。

-

6.フライパンの余分な油を拭き取り、3の合わせたタレを加熱する。イワシを戻してタレと絡める。

※タレを先に煮詰めることでイワシとよく絡む

-

イワシのかば焼き丼7.器にごはん(丼4杯分)をそれぞれ盛り、タレをかける。イワシを2尾ずつのせ、大葉(千切り 4枚)を上に添える。粉山椒(少々)を振り、イワシのかば焼き丼の完成。

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

人気のレシピ

このページの先頭へ