みそ豚丼

スポンサーリンク

みそ豚丼

みそ豚丼

料理名 みそ豚丼
番組名 情報ライブ ミヤネ屋 愛のスパルタ料理塾
料理人 林裕人
放送局 日本テレビ
放送日 2014年12月3日(水)

 

絶品みそダレがやみつき!

ミヤネ屋では、「パンチの効いたおいしいみそ豚丼を作りたい」というリクエストに、愛のスパルタ料理塾では、みそダレが絶品の「みそ豚丼」の作り方を紹介していました。焼き肉や野菜炒めなど色々な料理に応用できる万能ダレが絶品のやみつきになる一品です。

スポンサーリンク

みそ豚丼の材料(2人分)

 

豚バラ肉 160g
玉ネギ 1/2個
(みそダレ)
合わせみそ 大さじ5
大さじ5
砂糖 大さじ2
濃口しょう油 大さじ1
みりん 大さじ2
ニンニク 1片
ショウガ 20g
リンゴ 1/8個
大さじ1
(薬味)
刻みネギ 適量
七味唐辛子 少々
粗びき黒コショウ 少々
(その他)
ごはん 丼2杯分
サラダ油 適量

 

 

みそ豚丼の作り方

 

材料の下準備

みそ豚丼

(1)玉ネギ(1/2個)を厚めにスライスする。

みそ豚丼(2)豚バラ肉(160g)を食べやすい長さに切る。豚肉に粗びき黒コショウ(少々)を振る。

※うま味が多い豚バラ肉を使用。今回は、豚バラ肉の中でも食べ応えのあるお好み焼き用のものを使用

 

みそダレ作り

みそ豚丼

(3)合わせみそ(大5)、砂糖(大2)、みりん(大2)、酒(大5)をダマにならないようによくかき混ぜる。

みそ豚丼さらに濃口しょう油(大1)、水(大1)、すりおろしたリンゴ(1/8個)、すりおろしたショウガ(20g)、すりおろしたニンニク(1片)を順に加えよく混ぜておく。

※リンゴを入れることで、味のバランスが良くなる

※このタレは、焼き肉や野菜炒めなど色々な料理に応用できる万能ダレ

※火にかければ、10日間は日持ちする

 

仕上げ

みそ豚丼

(4)フライパンにサラダ油(適量)をひき、玉ネギを中火で炒める。しんなりするまで炒めたら、バットに取り出す。

みそ豚丼(5 )2で粗びき黒コショウを振った豚肉に、みそダレをもみ込む。

※事前にもみ込んでおくと、味がなじみやすくなる

みそ豚丼(6)フライパンにサラダ油(適量)をひいて、みそダレをつけた豚肉を強火でサッと炒める。炒めたらバットに取り出し広げる。

※うま味が流れ出ないよう、バットには重ねて置かない

みそ豚丼(7)3で作った残りのみそダレと水(適量)をフライパンに入れ、沸かす。

※煮詰まらないように水を加える

みそ豚丼(8)沸いたところに豚肉と玉ネギを戻し、みそダレと絡める。

みそ豚丼(9)ごはん(丼2杯分)の上に盛りつける。刻みネギ(適量)、七味唐辛子(少々)、粗びき黒コショウ(少々)を混ぜ合わせ、豚肉と玉ネギの上にのせて、みそ豚丼の完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ