鶏手羽元と栗の煮もの

スポンサーリンク

鶏手羽元と栗の煮もの

鶏手羽元と栗の煮もの

料理名 鶏手羽元と栗の煮もの
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 石原 洋子
放送局 日本テレビ
放送日 2015年10月23日(金)

 

生栗を使って秋ならではの一品

生の栗と骨付きの鶏肉をほっくりとした味に煮た「鶏手羽元と栗の煮もの」の作り方になります。鶏肉にはしっかりと味が染み込みます。栗はほろっと秋ならではの一品です。

スポンサーリンク

鶏手羽元と栗の煮ものの材料(4人分)

 

鶏手羽元 12本(600g)
大さじ1
しょうゆ 大さじ1
500g(12~18個)
長ねぎ 1本
しょうが 1かけ
大さじ3
しょうゆ 大さじ3
砂糖 大さじ3+1/2
2+1/2カップ
片栗粉 大さじ1/2

 

 

鶏手羽元と栗の煮ものの作り方

1、栗(500g(12~18個))の皮をむく。栗は洗って大きめのボウルに入れ、熱湯を栗がかぶるまで注ぎ、粗熱がとれるまで15分ほどおく(鬼皮がやわらかくなる)。

まず栗の底の部分を切り落とし、切り落としたところから包丁を引っかけて鬼皮をむき、さらに渋皮をむき、水に1時間ほどさらす。

※栗の皮むきは熱湯をかけてしばらくおくと、むきやすくなります。

-

2、鶏手羽元(12本(600g))は水気をふき、酒(大1)、しょうゆ(大1)をもみ込んで10分ほど下味をつける。

※手羽元は下味の調味料をもみ込んで10分ほどおきます。

-

3、長ねぎ(1本)は2cm長さのぶつ切りにする。しょうが(1かけ)は薄切りにする。

-

鶏手羽元と栗の煮もの4、中華鍋に油(大1)を熱し、手羽元のつけ汁をきって入れ(つけ汁は残しておく)、返しながら強めの中火で3~4分焼きつける。

きれいな焼き色がついたら出てきた脂をふきとり、鍋の中央をあけて長ねぎ、しょうがを炒める。

-

鶏手羽元と栗の煮もの5、手羽元のつけ汁、酒(大3)、しょうゆ(大3)、砂糖(大3+1/2)を加えてざっと炒め、分量の水(2+1/2カップ)を加えて煮立ったらアクをすくいとる。落としぶたと鍋ぶたをして弱めの中火にし、5分煮たら栗を加え、ときどき鍋返しをしながら40分ほど煮る。

栗に竹串がスッと通り、煮汁が1/3量ぐらいに煮つまればよい。

※栗は炒めると崩れてしまうので、煮ている途中で加えます。

-

鶏手羽元と栗の煮もの6、仕上げに片栗粉(大1/2)を倍量の水で溶いた水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、照りを出す。器に盛り、鶏手羽元と栗の煮ものの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

手羽元の人気レシピ

第1位

鶏肉と大根の甘辛煮

鶏肉と大根の甘辛煮

味がしみたほくほく大根と卵に鶏肉! 温まりますよー!

第2位

お酢で疲労回復☆手羽元のさっぱり煮

お酢で疲労回復☆手羽元のさっぱり煮

お酢を使って手羽元を炒め煮にしました。 にんにくとしょうががうまさのポイントです。

第3位

本格っぽいけど簡単『骨付きチキンのスープカレー』

本格っぽいけど簡単『骨付きチキンのスープカレー』

骨付きチキンで作ると深みがでます。 野菜はあったものを適当に入れています。

第4位

圧力鍋で時短!手羽元と大根のこってり煮♪

圧力鍋で時短!手羽元と大根のこってり煮♪

圧力鍋を使って、加圧時間5分、手羽元も大根もとろとろになります。

このページの先頭へ