豚しゃぶとキャベツのラーパーツァイ風

スポンサーリンク

豚しゃぶとキャベツのラーパーツァイ風

豚しゃぶとキャベツのラーパーツァイ風

料理名 豚しゃぶとキャベツのラーパーツァイ風
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 小林 まさみ
放送局 日本テレビ
放送日 2014年9月3日(水)

 

甘酸っぱい中華の前菜をアレンジ

白菜を使わずにキャベツを使って中華の前菜「ラーパーツァイ」をアレンジした「豚しゃぶとキャベツのラーパーツァイ風」の作り方のご紹介です。豚肉を加えることで、おかずになる一品に仕上がります。

スポンサーリンク

豚しゃぶとキャベツのラーパーツァイ風の材料(4人分)

 

豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用) 300g
キャベツ 1/2個(600g)
パプリカ(黄) 1/2個
砂糖 大さじ2
小さじ1
1/3カップ
しょうが (大)1かけ(20g)
赤唐辛子 2本
ごま油 大さじ2

 

 

豚しゃぶとキャベツのラーパーツァイ風の作り方

豚しゃぶとキャベツのラーパーツァイ風1、キャベツ(1/2個(600g))は固い葉脈を切りとり、一口大に切る。パプリカ(黄 1/2個)はヘタと種を除き、縦に2~3mm幅の薄切りにする。

※キャベツのはずした葉脈はみそ汁などに利用するとよいでしょう。

豚しゃぶとキャベツのラーパーツァイ風2、しょうが(大1かけ(20g))はせん切りにする。赤唐辛子(2本)は種を除いて小口から5mm幅に切る。

豚しゃぶとキャベツのラーパーツァイ風3、鍋(直径22cm)にたっぷりの水を入れて強火にかけ、鍋底と側面全体に気泡が出てきたら(約70℃)、豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用 300g)を加えて箸でほぐしながら色が変わるまで火を通し、ザルにとって水気をきる(湯は捨てない)。

※豚肉のゆで方がポイント、熱湯ではなく70℃の湯でやわらかくゆで上げます。

豚しゃぶとキャベツのラーパーツァイ風4、(3)の湯をひと煮立ちさせてアクを除き、キャベツを2回に分けてゆで、その都度盆ザルなどにとって広げ、粗熱をとる。

※肉をゆでた湯でキャベツもゆでます、このとき必ず一度沸騰させてアクをとり除きます。

豚しゃぶとキャベツのラーパーツァイ風5、ボウルに(3)の豚肉、水気を絞ったキャベツ、パプリカを入れてざっと混ぜる。ここに砂糖(大2)、塩(小1)、酢(1/3カップ)を混ぜ合わせてかけ、真ん中に(2)のしょうがと赤唐辛子をのせておく。

豚しゃぶとキャベツのラーパーツァイ風6、フライパンにごま油(大2)を入れて強火で熱し、煙が立ち始めたら、(5)のしょうがと赤唐辛子を目がけてかけ、手早く全体を混ぜて豚しゃぶとキャベツのラーパーツァイ風の完成。

※ラーパーツァイ(辣白菜)は白菜を使った甘酸っぱい中国料理、主菜になるように豚肉をとり合せています。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ