生春巻き

スポンサーリンク

生春巻き

料理名 生春巻き
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 石原洋子
放送局 日本テレビ
放送日 2016年8月24日(水)

 

暑い夏には生春巻きで涼し気に

「生春巻き」の作り方のご紹介です。赤のポイントの味出し役はお手軽な‘かにかまぼこ’です。巻くときは生春巻きの皮が破れたり、乾いたりしないように1本ずつ作りましょう!くっつきやすいので、重ねないように盛りつけることもポイントです。

スポンサーリンク

生春巻きの材料(4人分)

 

生春巻きの皮(直径22cm) 8枚
かにかまぼこ 8本(130g)
きゅうり 1本
赤ピーマン 2個(80g)
レタス 1~2枚(100g)
香菜 1~2株分
青じそ 16枚
たれ
ナンプラー 大さじ1
はちみつ 大さじ1
レモン汁 大さじ1
おろしにんにく 少々
赤唐辛子のみじん切り 1本分

 

 

生春巻きの作り方

1、かにかまぼこ(8本(130g))は手で裂く。きゅうり(1本)は長さを半分に切って細切りにする。赤ピーマン(2個(80g))は縦にせん切りにし、レタス(1~2枚(100g))は5~6cm長さの細切りにする。香菜(1~2株分)は茎をみじん切りにして小さじ1を取り分け、残りはざく切りにする。

2、たれの下記材料と香菜の茎のみじん切りを混ぜてたれを作る。

ナンプラー 大さじ1
はちみつ 大さじ1
レモン汁 大さじ1
おろしにんにく 少々
赤唐辛子のみじん切り 1本分

3、生春巻きは1本ずつ仕上げる。大きめのボウルに水を準備し、生春巻きの皮(直径22cm 8枚)1枚を水にさっとくぐらせ、ペーパータオルの上にのせて軽く水気をきる。

※巻くときは生春巻きの皮が破れたり、乾いたりしないように1本ずつ作りましょう。皮は水にさっとくぐらせるだけでOK(水にくぐらせる→具をのせる→巻く)。

4、皮をまな板の上に移し、皮の手前に青じそ(16枚)2枚の表を下にして横に並べる。青じその横に1/8量のかにかまぼこをおき、1/8量のレタス、赤ピーマン、きゅうり、香菜をのせる。皮の手前を持ち上げてひと巻きし、両側の皮を折って空気を抜きながらきっちりと巻く。

CIMG8313

※青じそは表側を下にしてのせます。

5、残りも同様にして8本作り、食べやすく切って器に盛り、2のたれを添えて、生春巻きの完成。

CIMG8312

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ