春巻き

スポンサーリンク

春巻き

春巻き

料理名 春巻き
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 石原 洋子
放送局 日本テレビ
放送日 2016年5月04日(水)

 

中温の油でじっくり揚げて

パリパリとした食感が大人気のおかず「春巻き」の作り方のご紹介です。豚肉や野菜の旨みなどを春雨が吸ってくれるので、ぜひ春雨を加えましょう。中温の油で時間をかけて揚げることで、冷めてもパリパリとした食感が楽しめる春巻きになります。

スポンサーリンク

春巻きの材料(4人分・10本分)

 

春巻きの皮 1袋(10枚)
豚もも肉(薄切り) 100g
しょうゆ、酒 各小さじ1
片栗粉 小さじ1/2
生椎茸 4枚(80g)
ゆでたけのこ 100g
春雨 30g
にら 1/2わ(50g)
しょうゆ 大さじ1
大さじ1/2
砂糖 小さじ1
こしょう 少々
大さじ1
片栗粉 小さじ1
練り辛子、しょうゆ、酢 各適量
●小麦粉、油

 

 

春巻きの作り方

1、春雨(30g)は熱湯に5分ほどつけてもどし、ザルに上げて水気をきり、5~6cm長さに切る。ゆでたけのこ(100g)はせん切りにし、水からさっとゆでて水気をきる。生椎茸(4枚(80g))は軸をはずし、せん切りにする。にら(1/2わ(50g))は4cm長さに切る。

2、しょうゆ(大1)、酒(大1/2)、砂糖(小1)、こしょう(少々)、水(大1)を合わせておく。

3、豚もも肉(薄切り 100g)は細切りにし、しょうゆ(小1)、酒(小1)、片栗粉(小1/2)を加えてもみ込む。

春巻き4、フライパンに油(大1)を熱して豚肉を炒め、色が変わったら椎茸、たけのこ、春雨、にらの順に加えながら炒め合わせる。

5、にらがしんなりしたら(2)の合わせ調味料を加えて混ぜ、片栗粉(小1)を倍量の水で溶いた水溶き片栗粉を加える。とろみがついてまとまったらバットに広げて冷まし、10等分に筋を入れておく。

※炒めた具に片栗粉でとろみをつけてまとまり易くして、完全にさましておくこと。

5、小麦粉(大1)に水(大1/2)を加えて練り、のりを用意しておく。

春巻き6、春巻きの皮(1袋(10枚))を角が手前にくるように広げ、(4)の具の1/10量を細長くのせ、手前からひと巻きして左右を折る。さらにひと巻きして皮の縁にのりをたっぷりぬってとめる。残りも同様に包む。

※春巻きの皮は揚げあがりに表裏が出ます!必ずツルツルの面を下にして巻くこと(裏面だとザラっとしたあがりに)。

7、揚げ油を170℃に熱して(6)を並べ入れ、皮が香ばしくパリッとするまで中火で7~8分揚げる。

※パリパリのポイントは、揚げる温度!中温の油で時間をかけて揚げること。

※フライパンにぎゅうぎゅう気味に入れた方が、ひっくり返ることなくきれいに揚げられます。

春巻き8、油をきって器に盛り、練り辛子、しょうゆ、酢(各適量)を添えて、春巻きの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ