巨峰と洋梨のクランブルケーキ

スポンサーリンク

巨峰と洋梨のクランブルケーキ

巨峰と洋梨のクランブルケーキ

料理名 巨峰と洋梨のクランブルケーキ
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 柳瀬 久美子
放送局 日本テレビ
放送日 2015年11月21日(土)

 

サクサクのクッキー食感に

うちで作る秋のお菓子ということで、クランブルの食感がとても魅力的な「巨峰と洋梨のクランブルケーキ」の作り方です。サラサラの粉状クランブルがフルーツの果汁を吸い、塊のクランブルはサクサクのクッキー食感に。このケーキ、春にはいちごやベリー類と、夏にはプラムやブルーベリー、秋、冬はりんごをとフルーツの組み合わせを替えて焼いても楽しいです。

スポンサーリンク

巨峰と洋梨のクランブルケーキの材料(20×20cm角型1台分)

 

(生地)
バター(無塩) 90g
グラニュー糖 120g
2個(120g)
アーモンドパウダー 120g
薄力粉 50g
生クリーム 30ml
(クランブル)
きび砂糖 40g
薄力粉 100g
バター(無塩) 50g
(仕上げ用)
巨峰 約1/2房(18~24粒)
洋梨のコンポート 1個分(1/4~1/3量)
洋梨のコンポート(作りやすい分量)
洋梨 3~4個
(シロップ)
400ml
白ワイン 200ml
グラニュー糖 200g
レモン(薄切り) 1/2個分

 

 

巨峰と洋梨のクランブルケーキの作り方

●下準備。

・生地用のバター(無塩 90g)は室温にもどす。

・型に合わせ、側面と底面に紙を敷いておく。

・巨峰(約1/2房(18~24粒))は種なしのときは、水洗いして水気をきる。(種がある場合は、半分に切って種を除く。)

※巨峰に種がある場合は、半分に切って種を除きます。

-

1、洋梨のコンポートをつくる。洋梨(3~4個)は皮をむいて縦半分に切り、種と芯をくりぬく。

-

巨峰と洋梨のクランブルケーキ鍋にシロップの

水 400ml
白ワイン 200ml
グラニュー糖 200g
レモン(薄切り) 1/2個分

を入れて火にかけ、沸騰したら洋梨を重ならないように並べ、ペーパータオルで落としぶたをして中火で10分煮る。粗熱がとれるまでおく。縦4等分にして横3等分に切り、水気をきる。

-

2、クランブルを作る。ボウルにきび砂糖(40g)を入れ、薄力粉(100g)をふるい入れてさっと混ぜ、全体をなじませる。

-

よく冷やしたバター(無塩 50g)を加え、粉をまぶしながらカードであずき大くらいまで刻む。

-

指先で粉をまぶしながらバターの塊をつぶし、全体をすり合わせてそぼろ状にする(ギュッと握って塊になればよい)。使うまで冷蔵庫で冷やしておく。

-

3、生地を作る。ボウルに室温にもどしたバター(無塩 90g)とグラニュー糖(120g)を入れ、泡立て器でクリーム状になるまで混ぜ合わせる。

-

別のボウルに卵(2個(120g))を溶き、これを4~5回に分けて(2)に加え、そのつどしっかりなじませるように混ぜ合わせる。

-

アーモンドパウダー(120g)と薄力粉(50g)をふるい入れ、泡立て器で粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせ、生クリーム(30ml)も加えて混ぜ合わせる。

-

用意した型に生地を流し入れ、ゴムベラで厚さを均一にならす。

-

4、巨峰と洋梨、クランブルをのせて焼く。表面の半分に巨峰、残りのスペースに洋梨のコンポート(1個分(1/4~1/3量))を並べる。

-

巨峰と洋梨のクランブルケーキ(2)の表面にクランブルをかける。はじめは表面全体にサラサラの粉状のクランブルを薄くのせ、次に手でギュッと握って大きめのクランブルを作りながら、バランスよく散らす。

-

180℃に熱したオーブンで35~40分焼く。

-

巨峰と洋梨のクランブルケーキ5、焼き上がったら粗熱をとり、型からはずし、好みの大きさに切り分けて、巨峰と洋梨のクランブルケーキの完成


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ