マーライカオ(マーラーカオ)

スポンサーリンク

マーライカオ(マーラーカオ)

マーライカオ(マーラーカオ)

料理名 マーライカオ(マーラーカオ)
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 後藤 ウィニー
放送局 日本テレビ
放送日 2016年1月30日(土)

 

ふんわりとした中華風の蒸し菓子

台湾の甘いものということで、卵の生地で作るふんわりとした中華風の蒸し菓子「マーライカオ(マーラーカオ)」の作り方の紹介です。「マーライ(馬来)」はマレー半島、「カオ」は蒸し菓子のことで南方から伝わったものと云われています。蒸し菓子は「ふんわり」が命!必ずベーキングパウダーは新しいものを使いましょう。

スポンサーリンク

マーライカオ(マーラーカオ)の材料(直径18cmのセイロ1個分)

 

薄力粉 120g
三温糖 150g
溶き卵 3個分
豆乳(または牛乳) 50ml
ベーキングパウダー 小さじ2
大さじ1
サラダ油 大さじ2
しょうゆ 小さじ1

 

 

マーライカオ(マーラーカオ)の作り方

1、セイロの底と側面をおおうようにクッキングシートを敷いておく。

※セイロは直径18cmのものを使っています、これより小さいサイズで作る場合は、全量入れず(中心まで火が通りにくい)、少量を茶碗などに移して蒸します。

-

2、ボウルに薄力粉(120g)と三温糖(150g)を入れて混ぜ、溶きほぐした卵(3個分)を加えてよく混ぜる。豆乳(または牛乳 50ml)を少しずつ加えてなめらかにのばし、室温に1~2時間おいて寝かせる。

-

マーライカオ(マーラーカオ)3、蒸す直前に、ベーキングパウダー(小2)を水(大1)に入れて溶き(シュワーッと勢いよく泡立てばよい)、(2)に混ぜる。さらにサラダ油(大2)としょうゆ(小1)を加え、全体にさっと混ぜる。

-

マーライカオ(マーラーカオ)4、セイロに(3)の生地を流し入れ、セイロをトントンと軽く打ちつけて中の空気を抜く。

蒸気の上がった蒸し器に入れ、ふきんをはさんでふたをし、強火で25分ほど蒸す。

●真ん中に竹串を刺してみて、何もついてこなければ蒸し上がっている。

-

マーライカオ(マーラーカオ)5、マーライカオ(マーラーカオ)の完成。

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ