ビーフストロガノフ

スポンサーリンク

ビーフストロガノフ

ビーフストロガノフ

料理名 ビーフストロガノフ
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 坂田 阿希子
放送局 日本テレビ
放送日 2016年12月3日(土)

 

ガッツリだけどさっぱりとした一皿

「ビーフストロガノフ」の作り方のご紹介です。牛肉は赤身で厚みのあるものを求めます。さっぱりと仕上げる秘訣はフォンドボーとサワークリームの代わりに生クリームとヨーグルトを使うこと。こってりしすぎないライトな味わいに仕上がります。パンよりも白いごはんによく合います。

スポンサーリンク

ビーフストロガノフの材料(4人分)

 

牛もも肉(バター焼き用) 300g
(塩、こしょう各少々)
玉ねぎ 1個
トマトペースト 大さじ2
白ワイン 1/2カップ
フォンドボー 1缶(290g)
生クリーム 1/2カップ
プレーンヨーグルト 1/2カップ
小さじ2/3~1/2
こしょう 少々
ブールマニエ 大さじ2
ディル 適量
ごはん(温かいもの) 茶碗4杯分
●バター、油

 

 

ビーフストロガノフの作り方

1、牛もも肉(バター焼き用 300g)は5~6mm幅の細切りにします。玉ねぎ(1個)は縦半分に切り、縦に薄切りにします。

※牛肉は赤身で厚みのあるものを求めます。

2、生クリーム(1/2カップ)とプレーンヨーグルト(1/2カップ)を混ぜ合わせておきます。

3、フライパンに油(小2)を熱し、牛肉をほぐしながら炒め、色が変わったら塩、こしょう(各少々)をふり、すぐに取り出します。

4、フライパンにバター(大2)を足して溶かし、玉ねぎをしんなりするまで炒め、トマトペースト(大2)を加えて炒めます。白ワイン(1/2カップ)を加えて半量くらいになるまで煮つめ、フォンドボー(1缶(290g))を加えてさらに約2/3量になるまで、弱めの中火で10分ほど煮つめます。

ビーフストロガノフ

5、(3)の牛肉を戻してざっと合わせ、(2)を加えて混ぜ、塩(小2/3~1/2)、こしょう(少々)で調味します。最後にブールマニエ(大2)でとろみをつけ、ひと煮します。

※肉に火を通しすぎないように仕上げるのがポイント。

6、器にごはん(温かいもの 茶碗4杯分)とビーフストロガノフを盛り、葉を摘んだディル(適量)を添え、ビーフストロガノフの完成。

ビーフストロガノフ

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ