ニース風サラダ

スポンサーリンク

ニース風サラダ

ニース風サラダ

料理名 ニース風サラダ
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 坂田 阿希子
放送局 日本テレビ
放送日 2015年6月27日(土)

 

野菜が好きになるサラダ

野菜が好きになるサラダ「ニース風サラダ」の作り方の紹介です。ゆで卵は半熟にゆでて、とろりと流れた黄身をソースのようにからめながら食べます。薄切りのバゲットにのせてタルティーヌにするのもおすすめ!

スポンサーリンク

ニース風サラダの材料(2人分)

 

じゃが芋(メークイン) 2個(220g)
さやいんげん 6本
ミ二トマト(大) 3~4個
2個
ツナ 1缶(100g)
黒オリーブ 7~8粒
ケッパー(酢漬け) 大さじ1
アンチョビーソース
アンチョビーフィレー 1缶(固形量30g)
にんにくのみじん切り 1/2かけ分
塩、こしょう 各少々
白ワインビネガー 小さじ2
オリーブ油 大さじ3
サラダ菜 4~5枚
粗びき黒こしょう 少々

 

 

ニース風サラダの作り方

ニース風サラダ1、じゃが芋(メークイン 2個(220g))は皮ごとよく洗い、丸のまま竹串がスッと通るまでゆでる。熱いうちに皮をむき、ボウルに入れてほぐすようにして食べやすい大きさにする。

-

2、卵(2個)は沸騰した湯にそっと入れ、5~6分ゆでて水にとり、殻をむく。

-

3、さやいんげん(6本)は色よく塩ゆでし、縦半分に切ってから4~5cm長さに切る。ミニトマトは縦4つ切りにする。

-

ニース風サラダ4、アンチョビーソースを作る。アンチョビーフィレー(1缶(固形量30g))は包丁で細かく叩いてボウルに入れ、にんにくのみじん切り(1/2かけ分)、塩、こしょう(各少々)、白ワインビネガー(小2)、オリーブ油(大3)を順に加えながらよく混ぜる。

-

ニース風サラダ5、大きめにちぎったサラダ菜(4~5枚)と1のじゃが芋を器に盛り、ツナ(1缶(100g))を粗くほぐして散らし、さやいんげん、ミニトマト、黒オリーブ(7~8粒)を散らす。

ゆで卵を手でざっくりとちぎってのせ、ケッパー(酢漬け 大1)を散らし、4のアンチョビーソースをかけ、粗びき黒こしょう(少々)をふり、ニース風サラダの完成。

※じゃが芋やツナは大きめにほぐし、大胆に盛ります。

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ