テリーヌみそ松風

スポンサーリンク

テリーヌみそ松風

テリーヌみそ松風

料理名 テリーヌみそ松風
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 山脇 りこ
放送局 日本テレビ
放送日 2016年12月28日(水)

 

シンプル&モダンおせち

「テリーヌみそ松風」の作り方のご紹介です。鶏ひき肉と鶏胸肉も合わせて作るガッツリ食べごたえのある松風。プルーン・カシューナッツを詰めて、ワインにも合う仕上がりです。焼き上がりを急冷して、重石をするのがしっとり仕上げるポイント!

スポンサーリンク

テリーヌみそ松風の材料(18×8×高さ5cmのパウンド型)

 

鶏ひき肉(もも) 300g
小さじ1
鶏胸肉(皮なし) 1枚(200g)
赤ワイン 大さじ1
プルーン(ドライ・種抜き) 8個
カシューナッツ 20個(30g)
みそ 大さじ1
けしの実 大さじ2
●油

 

 

テリーヌみそ松風の作り方

1、ボウルに鶏ひき肉(もも 300g)を入れ、塩(小1)を加えて粘りが出るまでよく練り、ラップをかけて冷蔵庫に30分ほどおきます。

-

2、鶏胸肉(皮なし 1枚(200g))は1cm角に切り、赤ワイン(大1)を混ぜ、ラップをかけて冷蔵庫に30分ほどおきます。

※鶏ひき肉に胸肉も合わせるのがガッツリ食べごたえを持たせるポイント。

-

3、プルーン(ドライ・種抜き 8個)は熱湯につけて5分ほどおき、ザルに上げて水気をきります。カシューナッツ(20個(30g))は手で半分に割ります。

-

4、型の内側に油を薄くぬり、とり出しやすいように型よりも長めにオーブンシートを敷いておきます。

-

5、(1)のひき肉に(2)の鶏胸肉を汁ごと加え、みそ(大1)も加えて、全体をよく混ぜて肉だねを作ります。

-

6、(4)の型に(5)の1/3量を入れて平らにならし、半分にちぎったプルーンを端をあけて2列に並べ、その間にカシューナッツを散らします。残りの(5)を入れて平らにならし、型から出ているオーブンシートを内側に折ってかぶせます。型を持ち上げ、トントンと打ちつけて空気を抜き、アルミ箔で全体を包み、冷蔵庫に30分ほどおきます。

テリーヌみそ松風

※プルーンは端に出ないように並べること(ひび割れのもとになってしまう)。

-

7、オーブンの天板にさらしやふきんを敷き、天板の8分目まで水を注ぎ、オーブンを180℃に温めます。

※型の底面が焼きすぎないように、オーブンの天板にさらしを敷いた上に型を置くこと。

-

8、(7)のオーブンに(6)を入れ、25分~30分湯煎で蒸し焼きにします。真ん中に竹串を刺し、透明の汁が出れば焼き上がり。

-

9、氷水を入れたバットに、焼き上がった(8)を入れ(急冷するとしっとり仕上がる)、アルミ箔の上から底が平らな容器などをのせ、肉汁が上ってくるくらいまで一度ギュッと押して固めます。重石(約500g)をのせ、人肌になるまで冷まします。氷水をはずし、重石をのせたまま冷蔵庫で完全に冷まします。翌日以降が食べごろ。

※焼き上がりを急冷して、重石をするのがしっとり仕上げるコツ。

-

10、型から出し、食べやすい厚さに切り、器に盛ってけしの実(大2)を散らして、テリーヌみそ松風の完成。

テリーヌみそ松風

●型からとり出し、アルミ箔やラップでぴっちりと包んで保存容器に入れ、冷蔵庫へ。5日ほど保存可能。

-

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ