チーズスコーン

スポンサーリンク

チーズスコーン

チーズスコーン

料理名 チーズスコーン
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 小川 聖子
放送局 日本テレビ
放送日 2017年1月7日(土)

 

ヨーグルト・レーズンなどを加えて

「チーズスコーン」の作り方のご紹介です。生地にヨーグルト・レーズンなどを加えた一品。粉とバターをサラサラに混ぜるために、バターは薄切りにしましょう。

スポンサーリンク

チーズスコーンの材料(約12個分)

 

薄力粉 200g
ベーキングパウダー 小さじ2
砂糖 50g
バター 90g
プレーンヨーグルト 50g
卵黄 2個分
粉チーズ 大さじ3~5
レーズン 30g
●小麦粉(打ち粉)

 

 

チーズスコーンの作り方

●下準備

・バター(90g)は薄切りにして冷やしておきます。

・プレーンヨーグルト(50g)はかき混ぜてなめらかにし、卵黄(2個分)を加えてよく混ぜ、冷やしておきます。

・レーズン(30g)は湯にしばらくつけて水気をきり、水気をふきます。

1、薄力粉(200g)、ベーキングパウダー(小2)、砂糖(50g)を合わせてボウルにふるい入れます。

2、バターの薄切りを(1)に加え、1枚ずつに粉をまぶしつけるようにして混ぜ、さらにバターを指で押しつぶしながら粉と混ぜます。バターの粒がなくなり、全体にサラサラしたパン粉状になればよい。

※粉とバターをサラサラに混ぜるために、バターは薄切りにし、溶けないように指先でつぶすことが大切。生地をねかせる前に、のばすことを考慮し四角に形作っておくとよい(バットなどの角を利用)。

3、ヨーグルトと卵黄を混ぜたものを加え、ゴムベラなどで全体に混ぜ、まとまってきたらひとまとめにします。ラップに包んで四角く平らにし、冷蔵庫で30分ほど冷やします。

チーズスコーン

4、台に新しくラップを大きく敷き、打ち粉少々をふって(3)をとり出し、上からも打ち粉をしてラップをかぶせます。上からめん棒を転がして、できるだけ四角形になるように20×20cm大にのばします。ここで生地がベタベタしていたら、固くなりすぎない程度にいったん冷蔵庫で冷やします。

※同じ厚みになるようにのばすこと。

5、上のラップをはずし、表面に水少々をぬり、向こう端2cmを除いて粉チーズ(大3~5)をふり、レーズンを散らし、表面を手で軽く押さえて生地になじませます。手前をラップごと持ち上げながらひと巻きし、そのままうず巻き状に巻き、ラップを巻きつけて形を整えながら転がします。巻き終わりを下にしてラップをはずし、12等分の輪切りにします。

チーズスコーン

※生地を輪切りにするときは庖丁に粉をつけるとよい。

6、天板にオーブンシートを敷き、(5)を手でギュッと握ってから間隔をあけて並べ、180℃のオーブンで薄く焼き色がつくまで約20分焼きます。

※切ったら軽く手で形をととのえること。

7、取り出して、チーズスコーンの完成。

チーズスコーン


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ