チョコレートクランチ2種

スポンサーリンク

チョコレートクランチ2種

チョコレートクランチ2種

料理名 チョコレートクランチ2種
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 伊藤 栄里子
放送局 日本テレビ
放送日 2015年8月22日(土)

 

ミューズリーを加えて

ココナッツオイルの冷やしかたまる特性をいかした、「チョコレートクランチ2種」の作り方の紹介です。溶かしたチョコレートとココナッツオイルに、ミューズリーを加えてかためるだけ。冷凍庫で5分ほどで冷やしかたまります。おとな向けには、岩塩をかけてガリっと、チリパウダーを加えて風味よく仕上げます(写真手前)。すぐに溶けるので、夏の手土産には不向きです。お気をつけください!

スポンサーリンク

チョコレートクランチ2種の材料(材料)

 

大人味のチョコレートクランチ
クーベルチュールチョコレート(ビター) 70g
ココナッツオイル 40g
ミューズリー 100g
チリパウダー 小さじ1/4~1/5
岩塩 少々
子どものためのチョコレートクランチ
クーベルチュールチョコレート(ビター) 70g
ココナッツオイル 40g
ミューズリー 100g

 

 

チョコレートクランチ2種の作り方

 

大人味のチョコレートクランチをつくる

 

1、クーベルチュールチョコレート(ビター 70g)は細かく刻んでおく。(15×25cmのバット1台分)

-

2、鍋にクーベルチュールチョコレートとココナッツオイル(40g)を入れ、50~60℃の湯煎にかけ、木ベラでときどき混ぜながらなめらかに溶かす(オイルが液体状の場合は、チョコレートだけを湯煎にかけ、溶けたらオイルを少しずつ加えながら泡立て器で混ぜ合わせる)。

-

チョコレートクランチ2種3.鍋を湯煎からはずし、ミューズリー(100g)、チリパウダー(小1/4~1/5)を加えて木ベラで混ぜ合わせる。

-

4.バットにオーブンシートを敷き、(3)をスプーンで広げながら入れ、岩塩(少々)を所々にふりかける。

-

5.冷凍庫に入れて冷やし固める(約5分)。完全に固まったら型からとり出し、オーブンシートで覆って食べやすい大きさに手で割る。

-
子どものためのチョコレートクランチをつくる

 

1、クーベルチュールチョコレート(70g)は細かく刻んでおく(クッキー型5~6個分)。

-

2.鍋にチョコレートとココナッツオイル(40g)を入れ、50~60℃の湯煎にかけ、木ベラでときどき混ぜながらなめらかに溶かす(オイルが液体状の場合は、チョコレートだけを湯煎にかけ、溶けたらオイルを少しずつ加えながら泡立て器で混ぜ合わせる)。

-

3.鍋を湯煎からはずし、ミューズリー(100g)を加えて木ベラで混ぜ合わせる。

※子ども向けにはミューズリーの代わりにコーンフレークでもおすすめ。

-

チョコレートクランチ2種4.大きめのバットにオーブンシートを敷いてクッキー型を置き、(3)をスプーンを使って押しつけるように入れる(厚さは1cm程度)。

※大人のクランチはオーブンシートで覆って割るとよい。

-

5.冷凍庫に入れて約5分冷やし固め、完全に固まったら型からはずす。

-

チョコレートクランチ2種6.器に盛り、子どものためのチョコレートクランチ(写真奥)の完成。

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ