ステーキとクレソンの混ぜごはん

スポンサーリンク

ステーキとクレソンの混ぜごはん

ステーキとクレソンの混ぜごはん

料理名 ステーキとクレソンの混ぜごはん
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 満留 邦子
放送局 日本テレビ
放送日 2017年10月7日(土)

 

ステーキ肉をからめて

秋の絶品ご飯ということで「ステーキとクレソンの混ぜごはん」の作り方のご紹介です。焼いた肉は一度取り出して、食べやすい大きさに切り調味料を少し煮つめてから、ステーキ肉をからめます。土鍋で炊き上げたごはんとさっくり混ぜ合わせます。土鍋は米2~3合を炊く場合、内径22cm、深さ7~8cmの8号から9号サイズを。ステーキ肉は赤身がおすすめです。

スポンサーリンク

ステーキとクレソンの混ぜごはんの材料(4人分)

 

2合
牛肉(ステーキ用赤身) 200g
小さじ1/3強
黒こしょう 少々
にんにく 2かけ
クレソン 2束(100g)
紫玉ねぎ 1/4個(50g)
しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ2
●オリーブ油

 

 

ステーキとクレソンの混ぜごはんの作り方

1、土鍋で米(2合)を炊きます。

2、牛肉(ステーキ用赤身 200g)は冷蔵庫から出して室温に30分ほどおき、焼くときに塩(小1/3強)、黒こしょう(少々)をふります。

3、クレソン(2束(100g))は葉を手で摘み、茎は小口切りにします。紫玉ねぎ(1/4個(50g))は薄切りにし、水にさらして水気をきります。にんにく(2かけ)は縦半分に切って芯を除き、薄切りにします。

4、フライパンにオリーブ油大さじ1とにんにくを入れ、中火にかけます。香りが立ってきたら弱火にし、薄く色づくまで炒めて取り出します。

5、フライパンの火加減を強めの中火にし、(2)の牛肉を入れて焼き色がつくまで焼き、裏返して30秒ほど焼きます。レアくらいに火が通ったらとり出し、1.5~2cm角に切ります。

6、フライパンの油をペーパータオルでざっとふきとり、しょうゆ(大2)、みりん(大2)を入れて煮立てます。(5)を加えて混ぜながら、肉の色が変わり、煮汁が少し残る程度に煮からめます。

ステーキとクレソンの混ぜごはん

7、炊き上がったごはんに(6)を汁ごと加え、クレソンの茎と葉適量も加えて、ふたをして少し蒸らしてからさっくりと混ぜ合わせます。

ステーキとクレソンの混ぜごはん

8、残りのクレソンの葉、紫玉ねぎ、(4)のにんにくを別に添え、各自ごはんに混ぜながら食べます。

ステーキとクレソンの混ぜごはん

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ