ジャーショートケーキ

スポンサーリンク

ジャーショートケーキ

ジャーショートケーキ

料理名 ジャーショートケーキ
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 柳瀬 久美子
放送局 日本テレビ
放送日 2015年12月12日(土)

 

手軽で持ち運びも便利

簡単おもてなしデザートということで、「ジャーショートケーキ」の作り方の紹介。ガラスの容器(ジャー)に詰めたオシャレなスイーツです。手軽に作れて、持ち運びも便利な苺のショートケーキになります。パーティーやお土産になど重宝するレシピです。

スポンサーリンク

ジャーショートケーキの材料(240mlのジャー4個分)

 

(スポンジシート)
3個
砂糖 80g
薄力粉 60g
バター(無塩) 25g
(いちごのワインマリネ)
いちご 250g(約2/3パック)
50ml
ロゼワイン 70ml
グラニュー糖 50g
(ホイップクリーム)
生クリーム 200ml
グラニュー糖 20g

 

 

ジャーショートケーキの作り方

●下準備。いちごのワインマリネを作り、使う直前に、ザルにあけていちごとマリネ液に分けておく。

天板にオーブンシートを敷いておく。バター(無塩 25g)は湯煎で溶かす。

-

1、いちごのワインマリネを作る(作りやすい分量)。

小鍋に水(50ml)、ロゼワイン(70ml)、グラニュー糖(50g)を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら火からおろして粗熱をとっておく。

-

ジャーショートケーキいちご(250g(約2/3パック))はヘタをとって4~8等分にカットし、容器に入れ、(1)をまんべんなくまわしかけ、ラップを表面にピッタリはりつけて冷蔵庫に2~3時間おいて味をなじませる。

-

2、スポンジシートを焼く(30×30cmの天板1枚分)。

ボウルに卵(3個)と砂糖(80g)を入れてハンドミキサーで泡立てる。ハンドミキサーの羽根の跡が残るくらいのふんわりした生地になるまで泡立てる。

次にハンドミキサーを低速にして生地のキメを整えるように1分ほどまわす。

-

薄力粉(60g)をふるい入れ、粉っぽさがなくなるまでゴムベラでさっくりと合わせる。

さらに溶かしバター(無塩 25g)を加え、再びさっくり混ぜ合わせる。

-

用意した天板に生地を流し、カードで厚さを均一にし、180℃のオーブンで約12分焼く。焼き上がったら天板からはずし、網の上で粗熱をとる。

●焼き上がりの約1/2枚を使用

-

3、ホイップクリームを作る。

ボウルに生クリーム(200ml)とグラニュー糖(20g)を入れて六分くらいまで泡立て、使う直前まで冷蔵庫に入れておく。

使うときに、七~八分の固さに泡立てる。

-

ジャーショートケーキ4、ジャーに詰める。

粗熱のとれたスポンジを紙からはずし、表面の茶色の焼き面を薄くそぎとる。ジャーの内径よりひとまわり小さな型で12枚をくりぬく。

ジャーにスポンジを1枚敷き、表面にいちごのマリネ液をハケでしみ込ませるようにぬる。

-

5、ホイップクリームを七~八分立てに調整し、太めの丸口金をつけた絞り袋に入れて平らに絞り出す。

さらに真ん中にホイップクリームを少量だけ絞る。

-

6、2枚目のスポンジをのせ、マリネ液をハケでぬり、ホイップクリームを絞る。(4)と同様にいちご、ホイップクリームの順にもう1層重ねる。

-

3枚目のスポンジをのせ、マリネ液をぬり、ホイップクリームをジャーの縁ギリギリまで絞り入れ、ふたをする。

-

ジャーショートケーキ7、冷蔵庫で1時間以上冷やし、全体に味をなじませる。ジャーショートケーキの完成。

-

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ