クレープシュゼット

スポンサーリンク

クレープシュゼット

クレープシュゼット

料理名 クレープシュゼット
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 柳瀬 久美子
放送局 日本テレビ
放送日 2015年12月26日(土)

 

たっぷりのオレンジとレモンの香るソース

簡単おもてなしデザートということで、「クレープシュゼット」の作り方のご紹介です。たっぷりのオレンジとレモンの香るソースと合わせていただきます。

スポンサーリンク

クレープシュゼットの材料(直径21cmのクレープ10枚分)

 

クレープ
薄力粉 100g
グラニュー糖 25g
牛乳 250ml
2個
バター(無塩) 25g
ソース
グラニュー糖 120g
オレンジ果汁 4個分(約300ml)
レモン果汁 1個分(約40ml)
オレンジの皮 2個分
バター(無塩) 30g
グランマニエ 50ml
ヨーグルトクリーム(作りやすい分量)
プレーンヨーグルト 1パック(400~450g)
はちみつ 15g
仕上げ用
スライスアーモンド(ロースト) 適量

 

 

クレープシュゼットの作り方

下準備

●クレープ用のバター(無塩 25g)は湯煎にかけて溶かす。

●オレンジの皮(2個分)は白いワタの部分を除き、せん切りにする。

●プレーンヨーグルト(1パック(400~450g))をペーパータオルを敷いたザルに入れ、ボウルに重ねて水を受けるようにし、表面にラップをかけて冷蔵庫に入れ、3時間から一晩おいて水きりをする(ほぼ半量になる)。

-

1、クレープを作る。ボウルに薄力粉(100g)とグラニュー糖(25g)をふるい入れ、泡立て器で軽く混ぜ合わせ、牛乳(250ml)を加え、ダマにならないように混ぜ合わせる。

-

卵(2個)を加えて泡立て器で混ぜ、溶かしたバターも加えて混ぜ、万能こし器に通す。

そのまま室温で30分以上休ませる。

-

クレープシュゼットフライパンを熱してサラダ油(分量外)をひき、余分な油はペーパータオルでふきとる。

生地を玉じゃくしに軽く1杯分を流し、フライパンをまわして生地を薄く広げ、弱火で焼く。

-

表面が乾いて縁がパリッとしてきたら竹串で縁をめくって裏側を見、きつね色に焼けていたら裏返し、反対側も乾かす程度に焼く。残りも同様に焼く。

粗熱がとれたら四つ折りにする。

-

2、ヨーグルトクリームを作る。ボウルに水きりしたヨーグルトを入れ、はちみつ(15g)を混ぜ合わせる。

-

3、ソースをクレープにからめる。フライパンにグラニュー糖(120g)を入れて火にかけ、砂糖の一部が溶けてキャラメル状になってきたら、オレンジ果汁(4個分(約300ml))、レモン果汁(1個分(約40ml))、オレンジの皮を加えて全体をなじませる。

-

クレープシュゼットバター(無塩 30g )を加えて溶かし、再び煮立ってきたらクレープを並べ入れる。

-

フライパンを揺すりながらソースを全体にからめ、グランマニエ(50ml)を加えてフランベする(火をつけてアルコール分を飛ばす)。火からおろして各自の器に盛りつける。

-

クレープシュゼット4、仕上げる。皿に盛ったクレープにヨーグルトクリームを添え、スライスアーモンド(ロースト 適量)を散らして、クレープシュゼットの完成。

-

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ