ほろよい豚

スポンサーリンク

ほろよい豚

ほろよい豚

料理名 ほろよい豚
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 山脇 りこ
放送局 日本テレビ
放送日 2016年12月27日(火)

 

酒粕効果でハムのよう

「ほろよい豚」の作り方のご紹介です。酒粕効果で豚肉の臭みが消え、ハムのようなうま味が味わえます。酒粕は板状でもペースト状でもどちらでもOK。しょうがじょうゆだれ&梅マスタードだれ2種類のたれで味わいます。

スポンサーリンク

ほろよい豚の材料

 

ほろよい豚
豚肩ロース肉(塊) 2本(1kg)
1.5リットル
酒粕 300g
だし昆布 40g
小さじ1+1/2
しょうがじょうゆだれ
豚肉のゆで汁 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
おろししょうが 小さじ2
梅マスタードだれ
梅干し 1個
あらびきマスタード 大さじ2
しょうゆ 約小さじ2
クレソン 適量

 

 

ほろよい豚の作り方

1、大きめの鍋に分量の水(1.5リットル)、酒粕(300g)、だし昆布(40g)、塩(小1+1/2)を入れて30分おきます(冷蔵庫に一晩おいてもよい)。

※酒粕は板状でもペースト状でもどちらでもOK。

-

2、(1)の鍋に豚肩ロース肉(塊 2本(1kg))を入れ、オーブンシートを落としぶたとしてかぶせ、中火にかけます。煮立ったら弱火にし、45分ほどゆでます。竹串を刺して澄んだ汁が出れば火を止め、そのままゆで汁の中で人肌まで冷まします。

ほろよい豚

※煮上がりは必ず竹串を刺して肉汁の色を確認すること(赤い場合はさらに煮る)。

-

3、豚肉のゆで汁(大2)、しょうゆ(大2)、おろししょうが(小2)を混ぜてしょうがじょうゆだれを作ります。

-

4、梅干し(1個)は種を除き、果肉を叩いてあらびきマスタード(大2)、しょうゆ(約小2)を混ぜて梅マスタードだれを作ります。

-

5、豚肉は食べやすく切り、クレソン(適量)とともに器に盛り、(3)、(4)のたれを添え、ほろよい豚の完成。

ほろよい豚

●ゆで汁ごと保存容器に入れて冷蔵庫へ。ゆで汁がなくなった場合はラップでぴっちりと包み、冷蔵庫へ。4日ほど保存可能。

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ