さんまの肝焼き

スポンサーリンク

さんまの肝焼き

料理名 さんまの肝焼き
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 藤井恵
放送局 日本テレビ
放送日 2016年9月26日(月)

 

肝を香ばしく焼いて

「さんまの肝焼き」の作り方のご紹介です。さんまは開いて、肝の部分を香ばしく焼くのがポイント!お酒のつまみとしてもご飯にもよく合うこの時季ならではの一品です。

スポンサーリンク

さんまの肝焼きの材料(4人分)

 

さんま 4尾(750g)
(塩小さじ1酒小さじ4)
大根おろし 1カップ
春菊の葉 少々

 

 

さんまの肝焼きの作り方

1、さんま(4尾(750g))は頭を落とし、腹側を尾まで切り、腹ワタを残したまま中骨の上に包丁を滑らせるようにして、切り開きます。

-

2、さんまの両面に塩(小1)をふり、ザルにのせて10分おきます。

※開いたさんまは必ず塩をして10分おくこと(臭みをとる)

-

3、水気をふきとり、酒(小4)をふり、両面を魚焼きグリルか250℃に予熱したオーブンで10~15分焼く(グリルが片面の場合は、腹を閉じて両面を焼いてから、開いて腹ワタをこんがりと焼く)。

さんまの肝焼き

※さんまを焼くときは尾にはアルミ箔を巻いておくとよい。

●片面焼きのグリルをお使いの場合、先に腹を閉じて焼くので、焼き方にご注意ください。

-

4、器に盛り、春菊の葉(少々)を敷いて大根おろし(1カップ)を添えて、さんまの肝焼きの完成。

さんまの肝焼き

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ