さんまのにんにく梅煮

スポンサーリンク

さんまのにんにく梅煮

料理名 さんまのにんにく梅煮
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 牧弘美
放送局 日本テレビ
放送日 2016年9月17日(土)

 

たっぷりのニンニクと梅干しで煮て

和食入門「魚編」ということで「さんま」を使って、「さんまのにんにく梅煮」の作り方のご紹介です。煮魚の鍋は浅めのもの、またはフライパンで煮るのがおすすめ。たっぷりのニンニクと梅干しの種も合わせてコトコトと煮ます。にんにく梅煮は冷蔵庫で3~4日は保存できるので常備菜としてもおすすめです。

スポンサーリンク

さんまのにんにく梅煮の材料(4人分)

 

さんま(筒切り) 4尾分
にんにく 1個
梅干し (大)1個
煮汁
1カップ
1/2カップ
みりん 大さじ3
砂糖 大さじ1
しょうゆ 大さじ2

 

 

さんまのにんにく梅煮の作り方

1、さんまの筒切り。軽くぬらした紙の上にさんま(筒切り 4尾分)を置き、青いウロコがあれば、包丁の先で尾から頭に向けて軽くなでるようにしてとります。

胸ビレの下に包丁を垂直におろすようにして入れ、頭を切り落とします。

-

包丁の先で切り口から腹ワタを引っ張り出して押さえ、胴のほうを後ろに引いて腹ワタを出します。尾を切り落とし、4等分くらいの筒切りにします。頭と腹ワタは紙に包んで捨てます。

割り箸を使って中骨の際の血合いを特によく洗い落とし、腹の中まで水気をしっかりとふきとります。煮魚などに。

さんまのにんにく梅煮

-

2、さんまのにんにく梅煮。にんにく(1個)は1かけずつにばらして薄皮をむき、大きいものは半分に切ります。

梅干し((大)1個)は種を除いてちぎり、種も使います。

-

鍋に煮汁の下記材料を合わせて火にかけ、煮立つ直前にさんまを入れ、にんにく、梅干しの果肉と種を加えます。

煮立ったらアクを除き、水でぬらした落としぶたをし、落としぶたの上に煮汁が沸き上がる程度の火加減にして10分ほど煮ます。

酒 1カップ
水 1/2カップ
みりん 大さじ3
砂糖 大さじ1
しょうゆ 大さじ2

さんまのにんにく梅煮

※汁が煮立つ直前に魚を入れること、煮汁の温度が高すぎると皮が破れて身が縮み、低すぎると臭みが残ります(80度くらいがベスト)。

※火加減は弱火、煮ている途中は魚をひっくり返したりはせず、煮汁を上からかけること。

-

落としぶたをとり、煮汁をさんまにすくいかけながら、煮汁が少なくなるまで5~6分煮つめます。

-

器に盛り、さんまのにんにく梅煮の完成。

さんまのにんにく梅煮

※冷蔵庫で3~4日は保存可能。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

さんまの人気レシピ

第1位

あじやさんまでもOK♪我が家の“さばの南蛮漬け”

あじやさんまでもOK♪我が家の“さばの南蛮漬け”

ご飯はもちろん、おつまみにも最高です☆

第2位

圧力鍋で骨まで食べれるサンマの煮付け

圧力鍋で骨まで食べれるサンマの煮付け

圧力鍋で煮るので、骨まで食べれます! お魚の栄養+カルシウムも採れます(*^^*) ご飯が進む一品です。

第3位

簡単!! さんまの梅しそ巻き♪

簡単!! さんまの梅しそ巻き♪

さんまをくるっと丸めて外はカリッと中はジューシーに!! 梅と大葉でさっぱりと食べられます♪ お弁当やおつまみにもオススメです!!

第4位

圧力鍋なしで骨ごと食べられる☆サンマの甘露煮

圧力鍋なしで骨ごと食べられる☆サンマの甘露煮

圧力鍋を使わなくても、骨まで食べられるサンマの甘露煮です。

このページの先頭へ