さばと山芋の揚げづけ

スポンサーリンク

さばと山芋の揚げづけ

さばと山芋の揚げづけ

料理名 さばと山芋の揚げづけ
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 田口 成子
放送局 日本テレビ
放送日 2015年11月12日(木)

 

揚げたて熱々を漬け汁に

「さばと山芋の揚げづけ」の作り方の紹介です。揚げたて熱々のさばと長芋を甘辛いつけ汁につけます。シャキシャキとした食感で粘りの少ない長芋がおすすめです。

スポンサーリンク

さばと山芋の揚げづけの材料(4人分)

 

さば(三枚おろし) 1尾分(400g)
塩、こしょう 各少々
長芋 400g
万能ねぎ 1/2わ
赤唐辛子 1本
しょうが 1かけ(10g)
大さじ1
しょうゆ 大さじ1+1/2
オイスターソース 小さじ1
砂糖 大さじ1/2
大さじ1
小麦粉 適量
適量

 

 

さばと山芋の揚げづけの作り方

1、さば(三枚おろし 1尾分(400g))のおろし身は腹骨をすきとり、小骨を骨抜きで抜き、一口大のそぎ切りにする。両面に薄く塩、こしょう(各少々)をし、揚げる直前に小麦粉(適量)をまぶす。

-

2、長芋(400g)は皮をむいて7~8mm厚さの半月に切り、ペーパータオルで水気とぬめりをとる。

※山芋はシャキシャキとした食感で粘りの少ない長芋がおすすめです。

-

3、万能ねぎ(1/2わ)は小口切りにする。赤唐辛子(1本)は種を除いて小口切りにする。しょうが(1かけ(10g))はみじん切りにする。

-

4、ボウルに酢(大1)、しょうゆ(大1+1/2)、オイスターソース(小1)、砂糖(大1/2)、水(大1)を合わせ、赤唐辛子としょうがを加えて混ぜておく。

-

さばと山芋の揚げづけ5、揚げ油(適量)を170℃に熱し、長芋を少し色づくまで揚げてとり出す。

※長芋は揚げ時間により食感が変化します、揚げ時間2分だとシャキシャキ、もう少し長めに揚げてほっくり食感にしてもおいしい(お好みで)。

-

さばと山芋の揚げづけ続けてさばを入れ、カラリときつね色に揚げる。揚げたてのさばと長芋を(4)に入れてあえ、仕上げに万能ねぎを混ぜる。

※さばは揚げすぎるとカサカサになってしまうので注意。

※さばも長芋もどちらも揚げたての熱々をつけ汁にからめることも大切です。

-

さばと山芋の揚げづけ6、器に盛り、さばと山芋の揚げづけの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

さばの人気レシピ

第1位

和食の定番のさばの味噌煮

和食の定番のさばの味噌煮

ほかの青魚に比べてサバのDHAは、群を抜いてたっぷり含まれていると言われています。 そのサバを使って味噌煮にしました。

第2位

ご飯食べ過ぎるかも・・!?サバの甘辛煮付け♪

ご飯食べ過ぎるかも・・!?サバの甘辛煮付け♪

煮汁がとろ~とするまで煮込むと、サバに味が良く染みておいしいです。ご飯のおかずにもってこいかもです。

第3位

庶民の塩サバを「高級料亭風」にする焼き方

庶民の塩サバを「高級料亭風」にする焼き方

そのままでも美味しい塩サバをさらにグレードアップさせる焼き方です。庶民的な材料を工夫次第で高級にというのが料理の醍醐味。

第4位

塩サバのさっぱり☆ぽん酢焼き

塩サバのさっぱり☆ぽん酢焼き

ぽん酢醤油とごま油で、さっぱり&香ばしい サバ焼き^m^♪ 簡単で美味しい☆

このページの先頭へ