えびと焼きパプリカのマリネ

スポンサーリンク

えびと焼きパプリカのマリネ

えびと焼きパプリカのマリネ

料理名 えびと焼きパプリカのマリネ
番組名 キューピー3分クッキング
 料理家 田口成子先生
放送局 日本テレビ
放送日 2014年6月17日(火)

 

 

 

 

前菜にもピッタリ!よく焼いたパプリカの甘さにビックリ!

肉厚のパプリカの甘くてジューシーな味がポイントになる料理。パプリカが真っ黒になるまで直火焼くきすることで、驚くほど甘みが増します。

材料(4人分)

えび(無頭) 250g
少々
白ワイン 大さじ1
1/2カップ
レモンの薄切り 3枚
パプリカ(赤・黄) 各1個
少々
ルッコラ 50g

(ソース)

マヨネーズ 大さじ1
レモン汁 大さじ1
少々
オリーブ油 大さじ1
おろしにんにく 少々

スポンサーリンク

作り方

【エビの下ごしらえ】

1、エビを蒸し煮する

えび(250g)は塩水(分量外)で洗い、あれば背ワタをとり、殻つきのまま鍋に入れます。

塩(少々)、白ワイン(大1)、分量の水(1/2カップ)、レモンの薄切り(3枚)を加え、ふたをして中火で4~5分蒸し煮にします。

2、冷まして殻をむく

冷まして殻をむく殻つきで蒸し煮したエビは、汁ごととり出して冷まし、しっとりさせてから殻をむきます。

【パプリカの下ごしらえ】

3、パプリカを焼く

パプリカを焼くパプリカ(赤・黄各1個)はヘタの部分にフォークを刺し、直火にかざして全体をこんがり焼きます。

赤や黄色の部分が見えなくなるほど、まっ黒に焼きましょう!

4、パプリカの粗熱をとる

3のパプリカをバットにとってアルミ箔をかぶせ、蒸らしながら粗熱をとります。

5、パプリカを切る

皮と種をとり除き、食べやすく切って薄く塩(少々)をふります。

塩をふることで、パプリカの甘みを引き出しましょう。

【ソースを作り盛りつける】

6、ソースの材料を混ぜる

ソースの材料を混ぜるマヨネーズ(大1)、レモン汁(大1)、塩(少々)、オリーブ油(大1)、おろしにんにく(少々)を混ぜてソースを作ります。

7、盛りつけ

盛りつけ器にルッコラ(50g)を敷き、2のえび、5のパプリカを盛り合わせ、6のソースをかけて完成です。

まとめ

ホームパーティーのおもてなしになりそうな一品です。甘くてジューシーなパプリカと、しっとりとしたエビをワインと共にいただきたいサラダです。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ