えび、チンゲンサイ、卵の炒めもの

スポンサーリンク

えび、チンゲンサイ、卵の炒めもの

料理名 えび、チンゲンサイ、卵の炒めもの
番組名 キューピー3分クッキング
料理人 田口成子
放送局 日本テレビ
放送日 2016年10月14日(金)

 

中華の炒め物

「えび、チンゲンサイ、卵の炒めもの」の作り方のご紹介です。えびのプリっと感がおいしさのカギ、仕上げは一気にササっと炒めましょう。

スポンサーリンク

えび、チンゲンサイ、卵の炒めものの材料(4人分)

 

えび(無頭) 12尾(250g)
(塩、こしょう各少々酒、片栗粉各大さじ1)
チンゲンサイ 2株(400g)
3個
少々
スープ(鶏ガラスープの素少々を湯で溶く) 1/4カップ
小さじ1/2
こしょう 少々
しょうゆ 小さじ1
砂糖 一つまみ
片栗粉 小さじ1(同量の水で溶く)
●塩、油、ごま油

 

 

えび、チンゲンサイ、卵の炒めものの作り方

1、えび(無頭 12尾(250g))は塩水で洗い、背ワタと殻を除き、身を縦半分に切ります。塩、こしょう(少々)、酒(大1)で下味をつけ、片栗粉(大1)をまぶします。沸騰した湯に塩少々を加えてえびをひとゆでし、ザルにとって水気をきります。

※えびは塩水で洗って身を縦半分に切ってから、背ワタをとるとよい。

※えびをゆでるときは沸騰した湯をひと混ぜして対流させてから加えると、鍋底にえびがくっつかずに綺麗にゆで上がります(片栗粉がはがれるので、箸で混ぜたり触ったりしないで)。

2、チンゲンサイ(2株(400g))は葉元は5cm長さに切って6つ割りにし、葉先はざく切りにします。

3、スープ(鶏ガラスープの素少々を湯で溶く 1/4カップ)、塩(小1/2)、こしょう(少々)、しょうゆ(小1)、砂糖(一つまみ)を混ぜ合わせておきます。

4、卵(3個)を溶いて塩を混ぜます。中華鍋に油大さじ1+1/2を熱して卵を流し入れ、大きく混ぜて半熟に炒め、とり出します。

5、(4)の鍋に油大さじ1/2を熱し、チンゲンサイの葉元を炒め、水1/4カップを加え、ふたをして1~2分蒸し煮にし、ザルに上げます。

※チンゲンサイの茎は蒸し炒めにすると炒める時間を短縮します。

6、(5)の鍋にごま油大さじ1/2を熱し、チンゲンサイの葉先を炒め、(5)のチンゲンサイの葉元、(1)のえび、(3)を加えて炒め合わせます。

水溶き片栗粉(小1(同量の水で溶く))をまわし入れてとろみをつけ、(4)の卵を戻し入れてさっと炒め合わせます。

えび、チンゲンサイ、卵の炒めもの

7、器に盛り、えび、チンゲンサイ、卵の炒めものの完成。

えび、チンゲンサイ、卵の炒めもの


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ