バッファローチキン

バッファローチキン

バッファローチキン

料理名 バッファローチキン
番組名  ノンストップ!
コーナー 坂本昌行のOne Dish
料理家 坂本昌行
放送局 フジテレビ
放送日 2014年6月20日(金)

辛くて酸っぱいタレで食欲アップ!おつまみにもピッタリ!

ニューヨーク州バッファロー発祥のバッファローチキン。食べ応え満点!本場は手羽先ですが、今回は手羽元を使って、食べやすく仕上げてます。

バッファローチキンの材料(2人分)

鶏手羽元  6本
カボチャ  1/6個
クレソン  適量
サラダ油  大さじ2
(鶏肉の下味)
しょう油  大さじ1/2
しょう油  大さじ1/2
薄力粉  大さじ3
(タレ)
溶かしバター  大さじ2
トマトケチャップ  大さじ2
ペッパーソース  大さじ1
赤唐辛子(細かく刻む)  1本
ニンニク(すりおろす)  適量
パプリカパウダー  小さじ1/4
 小さじ1/4

作り方

【下ごしらえ】

1、カボチャを切る

バッファローチキンカボチャ(1/6個)は種・ワタを取り除き(皮つきのまま)、電子レンジでラップをして2分ほど加熱し6等分に切ります。

2、鶏手羽元に切り目を入れる

バッファローチキン鶏手羽元(6本)は骨に沿って切り目を入れます。

※切りこみを入れることで、味が入りやすくなります。

3、鶏肉に下味をつける

バッファローチキンビニール袋に2の鶏手羽元、しょう油(大1/2)、パプリカパウダー(小1/4)を加えてよく揉み込み、10分置いて味をなじませます。

10分後、薄力粉(大3)をビニール袋に加えてまぶします。

※本来はカイエンペッパーなどを使いますが、かなり辛くなります。そのため今回はパプリカパウダーを代用し食べやすい味に仕上げます。

【仕上げ】

4、鶏肉を焼く

バッファローチキンフライパンにサラダ油(大2)を熱して、3の鶏手羽元をならべて焼きます。

5、カボチャも加えて蒸し焼き

バッファローチキン鶏肉とほぼ同じくらいに1のカボチャも加えて蓋をし、両面を弱火で10分ほど蒸し焼きします。

途中で具材は返しましょう。

6、タレを作る

バッファローチキンボウルに溶かしバター(大2)、トマトケチャップ(大2)、ペッパーソース(大1)、刻んだ赤唐辛子(1本)、すりおろしたニンニク(適量)、パプリカパウダー(小1/4)、塩(小1/4)を加えて混ぜ合わせます。

※ペッパーソースを加えると酸味が強くなるので、辛みが欲しい方は赤唐辛子で調節してください。

7、タレと鶏肉を絡める

バッファローチキンフライパンから鶏肉を取り出して、6のタレに加えて絡めます。

※しっかり味が絡むよう、鶏肉をアツアツのうちにタレと絡めましょう。

7、盛りつける

お皿に6のタレに絡めた鶏肉、5のフライパンからカボチャを取り出して盛り付けます。クレソン(適量)を添えて完成です。

このページの先頭へ