タラの変わり揚げ

スポンサーリンク

タラの変わり揚げ

タラの変わり揚げ

料理名 タラの変わり揚げ
番組名 ノンストップ!
コーナー 笠原将弘のおかず道場
料理人 笠原将弘
放送局 フジテレビ
放送日 2017年1月31日(火)

 

揚げたタラにタラコ入りの野菜あんを

ノンストップ!では、「賛否両論」の笠原将弘さんが、「タラの変わり揚げ」の作り方を紹介しました。旬のタラをみそとゴマ風味の竜田揚げにし、タラコと野菜入りのあんを添えた一品。卵は卵黄を衣に、卵白をあんにとムダなく使い分けます。たらをふんわり軽やかにいただける「タラの変わり揚げ」レシピ。

スポンサーリンク

タラの変わり揚げの材料(4人分)

 

タラ(切り身) 4切れ
2個
A
みそ 大さじ1と1/2
みりん 大さじ2
ミズナ 1/5束
長ネギ 1/2本
タラコ 60g
B
だし汁 1と1/2カップ
しょうゆ、みりん 各大さじ1と1/2
C
片栗粉 大さじ1
大さじ1と1/2
D
薄力粉 大さじ3
すりゴマ(白) 大さじ2
揚げ油 適量
インゲン(ヘタを除き、半分に切る) 8本
レモン(くし切り) 1/2個

 

 

タラの変わり揚げの作り方

1.卵(2個)は卵黄と卵白に分けます。タラ(切り身 4切れ)はひと口大に切ってボウルに入れ、Aのみそ(大1と1/2)、みりん(大2)と卵黄を混ぜ合わせてもみ込み、10分ほどおきます。

タラの変わり揚げ

※卵黄でふんわり軽やか食感にすべし

-

2.ミズナ(1/5束)は3cm長さに切ります。長ネギ(1/2本)は小口切りにします。タラコ(60g)は薄皮に切り目を入れて開き、包丁の背でそいでほぐします。

 

-

3.タラコあんを作ります。鍋にBのだし汁(1と1/2カップ)、しょうゆ、みりん(各大1と1/2)を入れて煮立たせ、2を加えてさっと煮ます。Cの片栗粉(大1)と水(大1と1/2)を合わせた水溶き片栗粉を回し入れ、とろみをつけます。弱火にしてよく溶いた卵白を回し入れ、混ぜながら火をとおします。

タラの変わり揚げ

※タラコと卵白でふわふわ親子あんにすべし

-

4.1にDの薄力粉(大3)、すりゴマ(白 大2)を加えてよくもみ込みます。170℃に熱した揚げ油(適量)に入れ、3~4分揚げます。インゲン(ヘタを除き、半分に切る 8本)もさっと素揚げします。

※すりゴマで香ばしい衣にすべし

-

5.タラとインゲンを器に盛り、レモン(くし切り 1/2個)を添え、別の器に3を入れて添えます。タラコあんをかけていただきます。

タラの変わり揚げ


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ