タコとキュウリの夏ちらし

スポンサーリンク

タコとキュウリの夏ちらし

タコとキュウリの夏ちらし

料理名 タコとキュウリの夏ちらし
番組名 ノンストップ!
コーナー 笠原将弘のおかず道場
料理人 笠原将弘
放送局 フジテレビ
放送日 2016年7月26日(火)

 

さっぱり梅だれで代わりちらし寿司

ノンストップ!では、「賛否両論」の笠原将弘さんが、「タコとキュウリの夏ちらし」の作り方を紹介していました。風味豊かな梅ダレでキュウリやタコ、長芋などを和えたものを、酢飯にのせた変わりちらしです。梅だれは梅肉に卵黄を混ぜて酸味をまろやかにするところがポイント!酢飯の酸味は、控えめにしましょう。

スポンサーリンク

タコとキュウリの夏ちらしの材料(4人分)

 

ゆでダコ(足) 100g
キュウリ 1本
適量
長イモ 100g
ワカメ(塩蔵) 30g
A
梅肉 大さじ4
卵黄 2個分
サラダ油 大さじ2
しょうゆ、はちみつ 各大さじ1
温かいご飯 茶碗4杯分(600g)
B
大さじ3
砂糖 大さじ1
小さじ1/2
いりゴマ(白) 大さじ3
カイワレ大根(根元を除く) 1/3パック

 

 

タコとキュウリの夏ちらしの作り方

タコとキュウリの夏ちらし1.ゆでダコ(足 100g)はひと口大に切る。キュウリ(1本)は小口切りにして塩(適量)でもみ、水気を絞る。

長イモ(100g)は皮をむいて粗めに刻む。ワカメ(塩蔵 30g)は水で戻して水気を絞り、ざく切りにする。

※長芋の食感を楽しむべし

-

タコとキュウリの夏ちらし2.別ボウルにAの梅肉(大4)、卵黄(2個分)、サラダ油(大2)、しょうゆ(大1)、はちみつ(大1)を入れ、よく混ぜ合わせる。

※梅肉と卵黄で酸味をまろやかに

-

3.1のボウルに2の梅だれを加えて全体をあえる。

-

4.Bの酢(大3)、砂糖(大1)、塩(小1/2)を混ぜ合わせる。

別のボウルに温かいご飯(茶碗4杯分(600g))を入れて混ぜ合わせたBを加え、しゃもじで切るように混ぜて酢飯をつくる。いりゴマ(白 大3)も加えて混ぜ込む。

※酢:砂糖:塩は、大さじ3・大さじ1:小さじ1/2が黄金比率

※酢飯の酸味はいつもより控えめにすべし

-

タコとキュウリの夏ちらし5.器に4の酢飯を盛って3をのせ、カイワレ大根(根元を除く 1/3パック)を散らして、タコとキュウリの夏ちらしの完成。

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ