サバと大根の炊き込みご飯

スポンサーリンク

サバと大根の炊き込みご飯

料理名 サバと大根の炊き込みご飯
番組名 ノンストップ!
コーナー 笠原将弘のおかず道場
料理人 笠原将弘
放送局 フジテレビ
放送日 2016年10月4日(火)

 

サバと大根を炊き込みご飯に

ノンストップ!では、「賛否両論」笠原将弘店主がサバを使った炊き込みご飯「サバと大根の炊き込みご飯」を作って紹介していました。サバのうま味と大根の甘みを閉じ込めた、滋味深い味わいのご飯です。大根はゴマ油で香ばしく焼きつけてからお米と合わせて炊き上げます。

スポンサーリンク

サバと大根の炊き込みご飯の材料(4人分)

 

3合
サバ(切り身) 2切れ
少し
大根 200g
A
2と1/2カップ(500㏄)
酒、薄口しょうゆ 各1/4カップ(50㏄)
ゴマ油 大さじ1
昆布 5g
ミツバ(1cm幅に切る) 5本
いりゴマ(白) 大さじ1

 

 

サバと大根の炊き込みご飯の作り方

1.米(3合)はといで30分ほど浸水させ、ザルに上げます。サバ(切り身 2切れ)は両面に塩(少し)をふって15分ほどおきます。大根(200g)は皮をむいて1cm角に切ります。

-

2.フライパンにゴマ油(大1)を中火で熱し、大根を入れて焼き目をつけ、取り出します。

-

3.サバの水気をふいて2のフライパンに入れ、中火で両面を焼いて火をとおし、粗くほぐします。

サバと大根の炊き込みご飯

-

4.土鍋に1の米、Aの水(2と1/2カップ(500㏄))、酒、薄口しょうゆ(各1/4カップ(50㏄))を合わせて入れ、2の大根を入れて昆布(5g)を加え、フタをして強火にかけます。フタの穴から蒸気が出てきたら中火にして5分炊き、さらに弱火にして15分炊きます。

サバと大根の炊き込みご飯

※味つけの黄金比率は水10:酒1:薄口しょうゆ1

-

5.火を止めて昆布を取り出し、3のサバを散らします。フタをしてそのまま5分ほど蒸らし、ミツバ(1cm幅に切る 5本)をのせていりゴマ(白 大1)を散らします。サバと大根の炊き込みご飯の完成。全体を混ぜ合わせてから椀に盛ります。

サバと大根の炊き込みご飯

※サバはパサつかないよう後入れすべし


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ