キノコたっぷり炊き込みピラフ

スポンサーリンク

キノコたっぷり炊き込みピラフ

キノコたっぷり炊き込みピラフ

料理名 キノコたっぷり炊き込みピラフ
番組名 ノンストップ!
コーナー 行列シェフのまかない・家ごはん
料理人 河合隆良
放送局 フジテレビ
放送日 2016年12月5日(月)

 

キノコの炊き込みピラフ

ノンストップ!では、「シェ・タカ」の河合隆良シェフが、まかないの「キノコたっぷり炊き込みピラフ」を作って紹介していました。たっぷりのキノコ類の軸の部分はだしとして米と一緒に炊き込みます。傘の部分は炊飯器に混ぜ、キノコの風味や食感を存分に楽しめるという、きのこの旨みを存分に味わえるきのこピラフ。きのこは1種類でも美味しくできます。

スポンサーリンク

キノコたっぷり炊き込みピラフの材料(つくりやすい分量)

 

2合(360ml)
好みのキノコ 計250g
オリーブオイル 小さじ4
バター(無塩) 30g
ブロックベーコン(7~8mm角に切る) 40g
A
タマネギ(粗みじん切り) 小さじ3
ニンジン、ゴボウ(各粗みじん切り) 各小さじ2
ニンニク(みじん切り) 小さじ1
ローリエ 1枚
鶏ガラスープ 1と4/5カップ(360cc)
ニンニク(みじん切り) 小さじ1/2
塩、コショウ 各適量
パルメザンチーズ(ピーラーで削る) 適量
パセリ(みじん切り) 適量

 

 

キノコたっぷり炊き込みピラフの作り方

1.好みのきのこ(計250g)、今回はマイタケ、シメジは石づきを除き、上部は手でほぐし、軸は薄切り、エリンギ、シイタケは石づきを除き、上部と軸を分けて薄切りにします。

2.フライパンにオリーブオイル(小2)を中火で熱し、ブロックベーコン(7~8mm角に切る 40g)を入れ、色づくまで炒めます。バター(無塩 20g)を加え、フツフツとしたらAのタマネギ(粗みじん切り 小3)、ニンジン、ゴボウ(各粗みじん切り 各小2)、ニンニク(みじん切り 小1)を加えて炒め、しんなりしたら1のキノコ類の軸の部分を加え、強めの中火で炒め合わせます。

3.米(2合(360ml))を加え塩(ひとつまみ)をふり、半透明になるまで炒め、鶏ガラスープ(1と4/5カップ(360cc))を加えます。

キノコたっぷり炊き込みピラフ

※お米はとがずに炒めアルデンテ!

4.3の粗熱がとれたら、炊飯器に入れ、ローリエ(1枚)をのせます。2合の目盛りにたりなければ水を足し、普通に炊きます。

キノコたっぷり炊き込みピラフ

5.フライパンに残りのオリーブオイル(小2)とバター(無塩10g)、ニンニク(みじん切り 小1/2)を熱し、キノコの上部を加えます。塩、コショウ(各適量)をふり、強火で焼き色がつくまで炒めます。

キノコたっぷり炊き込みピラフ

※軸は炊き込み!カサは焼くべし!

6.4が炊き上がったら、5を加えて混ぜ、味をみて塩、コショウ(各適量)をふります。

7.器に盛り、パルメザンチーズ(ピーラーで削る 適量)、パセリ(みじん切り 適量)と散らしキノコたっぷり炊き込みピラフの完成。

キノコたっぷり炊き込みピラフ


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ