イカゴボウの照り焼き

イカゴボウの照り焼き

料理名 イカゴボウの照り焼き
番組名 ノンストップ!
コーナー 笠原将弘のおかず道場
料理人 笠原将弘
放送局 フジテレビ
放送日 2018年5月22日(火)

 

コメント

ノンストップ!では、「賛否両論」の笠原将弘さんが、「イカゴボウの照り焼き」の作り方を紹介していました。イカの照り焼きにささがきしたゴボウを合わせ、プリプリとシャキシャキ、2つの食感を楽しみます。大根おろしにふわふわのメレンゲを混ぜて口溶けをよくし、卵黄もプラスしてまろやかに仕上げます。

イカゴボウの照り焼きの材料(2人分)

 

スルメイカ 1ハイ
ゴボウ 50g
大根 100g
カイワレ 1/4パック
サラダ油 大さじ1
A
酒、みりん、しょうゆ 各大さじ1.5
七味唐辛子 適量
2個
適量

 

 

イカゴボウの照り焼きの作り方

1.ゴボウ(50g)はささがきにしてさっと洗います。

大根(100g)はすりおろし、しっかり水気をきります。

カイワレ(1/4パック)は根元を除きます。

 

 

 

2.スルメイカ(1ハイ)は足をワタごと引き抜き、軟骨を除きます。よく洗って水気をふき、胴は1cm幅の輪切りにし、足は2本ずつに切り分けます。

 

 

 

3.フライパンにサラダ油(大1)を中火で熱して1のゴボウを炒め、しんなりしたら2のイカを加えてさらに炒めます。

イカに火がとおったら、Aの酒、みりん、しょうゆ(各大さじ1.5)・七味唐辛子(適量)を加えて煮からめます。

 

 

 

4.卵(2個)は卵黄と卵白に分けます。

卵白はツノが立つまでしっかり泡立ててメレンゲを作ります。

1の大根おろしと合わせ、さらに塩(適量)を加えて混ぜ合わせます。

 

 

 

 

5.3を器に盛り、1のカイワレを添えます。メレンゲおろしに卵黄をのせて添えます。

このページの先頭へ