しっとり鶏胸肉のエスニック風

スポンサーリンク

しっとり鶏胸肉のエスニック風

しっとり鶏胸肉のエスニック風

料理名 しっとり鶏胸肉のエスニック風
番組名 ノンストップ!
コーナー 行列シェフのまかない・家ごはん
料理人 本多哲也
放送局 フジテレビ
放送日 2015年11月2日(月)

 

低温・真空でしっとりジューシー

ノンストップ!では、「リストランテホンダ」の本多哲也シェフが、まかないの「しっとり鶏胸肉のエスニック風」の作り方を紹介です。パサつきがちな鶏胸肉を低温で熱を通してしっとりと仕上げます。100℃に耐熱可能なファスナー付き保存袋を使って、家庭でも簡単にプロの味に!

スポンサーリンク

しっとり鶏胸肉のエスニック風の材料(2人分)

 

鶏胸肉(半分に切る) 1枚(約200g)
塩、コショウ 各適量
ニンニク(半分に切り、つぶす) 1かけ
ズッキーニ(5mm厚さの輪切り) 1/2本
香菜(ざぐ切り) 適量
(A)
ナンプラー(薄口しょうゆ可) 大さじ2
オリーブオイル 大さじ2
(B)
オリーブ油 大さじ2
バルサミコ酢 大さじ1と1/2
粒マスタード 小さじ1
(C)
ゆで卵(粗くつぶす) 1個
トマト(種を除いてざく切り) 1個
タマネギ(みじん切りにして水にさらす) 1/4個
黒オリーブ(粗みじん切り) 大さじ2
ピクルス(粗みじん切り) 大さじ1/2

 

 

しっとり鶏胸肉のエスニック風の作り方

しっとり鶏胸肉のエスニック風1.鶏胸肉(半分に切る 1枚(約200g))の両面に軽く塩、コショウ(各適量)をふる。大きめのファスナーつき保存袋に鶏肉、ニンニク(半分に切り、つぶす 1かけ)、合わせたAのナンプラー(薄口しょうゆ可 大2)、オリーブオイル(大2)を入れ、鶏肉をはさむようにズッキーニ(5mm厚さの輪切り 1/2本)を入れ、中の空気を抜くようにして封をする。

※真空調理でしっとりジューシーに!

-

しっとり鶏胸肉のエスニック風2.鍋にたっぷりの湯を沸かして火を止め、1を入れる。途中で浮かないよう網などで押さえながら、45分間つけておく。

※空気を抜き(真空調理)うま味の逃げ場をなくすことで、鶏むね肉に味が凝縮される

-

しっとり鶏胸肉のエスニック風3.ボウルにBのオリーブ油(大2)、バルサミコ酢(大1と1/2)、粒マスタード(小1)を入れてよく混ぜ、Cのトマト(種を除いてざく切り 1個)、タマネギ(みじん切りにして水にさらす 1/4個)、黒オリーブ(粗みじん切り 大2)、ピクルス(粗みじん切り 大1/2)を加えざっと混ぜ、最後にゆで卵(粗くつぶす 1個)を加えて混ぜ合わせる。

-

しっとり鶏胸肉のエスニック風4.器に2のズッキーニを半量ずつ並べ、その上に鶏肉を置く。3を等分してたっぷりのせ、香菜(ざぐ切り 適量)を散らして、しっとり鶏胸肉のエスニック風の完成。

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ