ごぼたんぽ鍋

スポンサーリンク

ごぼたんぽ鍋

ごぼたんぽ鍋

料理名 ごぼたんぽ鍋
番組名 ノンストップ!
コーナー 坂本昌行のOne Dish
料理人 坂本昌行
放送局 フジテレビ
放送日 2016年12月16日(金)

 

「きりたんぽ」を手軽にアレンジ

ノンストップ!では、坂本昌行さんが「ごぼたんぽ鍋」の作り方を紹介しました。秋田県の郷土料理「きりたんぽ」を手軽にアレンジ。旬のゴボウの食感と香りが食感をそそります。骨つきの鶏のうま味がしみた、ごぼたんぽが絶品です。

スポンサーリンク

ごぼたんぽ鍋の材料(2~3人分)

 

ゴボウ 1本
鶏骨つきぶつ切り肉 500g
A
ショウガ(薄切り) 1かけ
長ネギ(青い部分・軽くつぶす) 1本分
8カップ
切りもち(8mm角に切る) 1個(50g)
温かいご飯 400g
ふたつまみ
ゴマ油 大さじ1
B
しょうゆ 大さじ3
大さじ2
小さじ1
長ネギ(斜め切り) 1本
マイタケ(小房に分ける) 1パック
セリ(5~6cm長さに切る) 1束(80g)

 

 

ごぼたんぽ鍋の作り方

1.土鍋に鶏骨つきぶつ切り肉(500g)とAのショウガ(薄切り 1かけ)、長ネギ(青い部分・軽くつぶす 1本分)、水(8カップ)を入れて中火にかけ、ときどきアクを除きながら約30分煮ます。

ごぼたんぽ鍋

-

2.耐熱ガラスボウルに切りもち(8mm角に切る 1個(50g))を入れ、かぶるくらいの水(分量外)を加えて電子レンジ(600W)で50秒ほど加熱します。

-

3.ボウルに温かいご飯(400g)を入れ、ささがきにし、水にさらして水気をきったゴボウ(1本)のうちの40g、2のもちを水気をきって入れ、塩(ふたつまみ)を加えてすりこ木などでつきながら混ぜ合わせます。ご飯の粒が少し残り、全体がもっちりまとまればOK。8等分し、手に水(分量外)をつけながら小判形にまとめます。

ごぼたんぽ鍋
※ごはんにゴボウで食感と香りをアップ!
※お餅を加えてまとまりやすく!

-

4.フライパンにゴマ油(大1)を熱して3を並べ、両面カリッと焼きます。

ごぼたんぽ鍋

-

5.1のショウガと長ネギを取り除き、Bのしょうゆ(大3)、酒(大2)、塩(小1)を加えます。残りのゴボウ、長ネギ(斜め切り 1本 )、マイタケ(小房に分ける 1パック)を入れて火をとおします。4を加え、セリ(5~6cm長さに切る 1束(80g))をのせて軽く火をとおします。

-

6.ごぼたんぽ鍋の完成。

ごぼたんぽ鍋


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ