鶏のごまみぞれ鍋

スポンサーリンク

鶏のごまみぞれ鍋

鶏のごまみぞれ鍋

料理名 鶏のごまみぞれ鍋
番組名 男子ごはん
料理人 栗原心平
放送局 テレビ東京
放送日 2015年12月20日(日)

 

すりごま濃厚な鍋をそばでシメて!

この冬おすすめ!「鶏のごまみぞれ鍋」の作り方を紹介です。ごまの濃厚なスープに鶏モモ、ムネ、砂肝の3種と香味野菜がたっぷりと入った鍋レシピ。鶏肉を煮込む前に一度焼いて香ばしく、煮崩れを防ぐところが美味しさのポイント!砂肝に代わって鶏レバーでも可。濃厚なスープでもあっさりと食べられるそばの麺でシメます。

スポンサーリンク

鶏のごまみぞれ鍋の材料(3~4人分)

 

鶏もも肉 300g
鶏むね肉 300g
砂肝 100g
大根 6㎝
長ねぎ 1本
三つ葉 3束
万能ねぎ 1袋
貝割れ 1パック
小さじ1
白いりごま 100g
ダシ汁(かつお) 800cc
ごま油 大さじ1
すだち、七味唐辛子 各適量
(a)
大さじ1
しょうゆ 大さじ3
みりん 大さじ2
しょうが(おろしたもの) 1片分

 

 

鶏のごまみぞれ鍋の作り方

1、鶏もも肉(300g)、鶏むね肉(300g)、砂肝(100g)はひと口大に切って塩(小1)を振り、下味をつける。大根(6㎝)はすりおろす。三つ葉(3束)は根元を切り落として5㎝長さに切る。貝割れ(1パック)は根元を切り落とす。万能ねぎ(1袋)は5㎝幅、長ねぎ(1本)は縦半分にして、5㎝幅に切る。

-

2、白いりごま(100g)はする。

-

鶏のごまみぞれ鍋3、フライパンを熱してごま油(大1)を引き、鶏肉を入れて強火で焼く。

※鶏肉を煮る前に一度焼いておくことで香ばしくなり煮崩れも防ぐ

-

鶏のごまみぞれ鍋焼き目がついたら鍋に移し、ダシ汁(かつお 800cc)を加え、アクを取りながら10分煮る。(a)の酒(大1)、しょうゆ(大3)、みりん(大2)、しょうが(おろしたもの 1片分)を加えて味を調える。

-

4、2のごまを加えてひと煮する。おろし大根、長ねぎを加えてひと煮する。味をみて足りなければ塩(分量外)で調える。残りの野菜を加えてひと煮する。

-

鶏のごまみぞれ鍋5、鶏のごまみぞれ鍋の完成。各自、器に取って、すだち、七味唐辛子(各適量)を振って食べる。

-

 鶏のごまみぞれ鍋≪シメには和そば≫


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ