里芋の煮がらめ

スポンサーリンク

里芋の煮がらめ

里芋の煮がらめ

料理名 里芋の煮がらめ
番組名 男子ごはん
料理人 栗原心平
放送局 テレビ東京
放送日 2016年2月14日(日)

 

あったら嬉しい一品

温かいお酒に合う!冬のおつまみ3品を紹介。ここでは、「里芋の煮がらめ」の作り方になります。茹でた里芋と醤油や砂糖を合わせた甘辛だれを煮からめた一品。仕上げのバターの風味も食欲をそそります!茹でた里芋の粘りが強い場合は、流水で洗い流しましょう。粉ふきにしやすく、甘辛だれがよくなじみます。

スポンサーリンク

里芋の煮がらめの材料(2人分)

 

里芋 400g
バター 10g
万能ねぎ(小口切り) 適量
(a)
しょうゆ 大さじ1.5
みりん 大さじ1
砂糖 小さじ2

 

 

里芋の煮がらめの作り方

1、里芋(400g)はヘタを落とし、皮を剥いて1㎝厚さの輪切りにする。大きいものは1㎝厚さの半月切りにする。15分ほど水にさらし洗い流す。

-

2、(a)のしょうゆ(大1.5)、みりん(大1)、砂糖(小2)を混ぜ合わせる。

-

里芋の煮がらめ3、鍋に里芋を入れてかぶるくらいの水を入れて火にかける。沸いてきたら10分くらい茹でる。

-

里芋の煮がらめ4、3の茹で汁を捨て、粘りが強かったらザルに入れて流水で洗う。

再び鍋に入れて強火にかけて水分を飛ばす。水分が飛んだら、バター(10g)を加える。2の合わせ調味料を加えて和える。

※茹でた里芋の粘りが強い場合は、流水で洗うと粉ふきにしやすくなる

※里芋に焼き目をつけることで、味が染みやすくなり香ばしさも加わる

-

里芋の煮がらめ5、器に盛り、万能ねぎ(小口切り 適量)を振り、里芋の煮がらめの完成。

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ