牛の角煮旨辛丼

スポンサーリンク

牛の角煮旨辛丼

牛の角煮旨辛丼

料理名 牛の角煮旨辛丼
番組名 男子ごはん
料理人 栗原心平
放送局 テレビ東京
放送日 2016年5月15日(日)

 

ピリ辛とろとろ牛バラ肉

こだわり丼シリーズ第6弾ということで、「牛の角煮旨辛丼」とサラダ、スープの泡わせて3品を紹介。ここでは、メインの「牛の角煮旨辛丼」の作り方になります。牛バラ肉の煮込み時間にこだわって、。箸でほぐれるほどやわらかい牛の角煮を作って、ご飯と合わせた丼ぶりに仕上げます。赤唐辛子&花山椒が染み込んだピリ辛でとろっと柔らかい角煮をぜひお休みの日に。

スポンサーリンク

牛の角煮旨辛丼の材料(2人分)

 

牛バラ肉(5~6㎝角に切ったもの) 500g
(a)
長ねぎ(青い部分) 1本分
赤唐辛子(乾燥) 3本
八角 1個
ローリエ 1枚
紹興酒 大さじ1.5
800㏄
にんにく 1片
花山椒 小さじ1
砂糖 大さじ1/2
赤みそ、オイスターソース 各小さじ2
しょうゆ 小さじ1
(b)
片栗粉 小さじ2
小さじ2
小さじ1/2
黒こしょう 適量
ごま油 大さじ1
温かいごはん どんぶり2杯分

 

 

牛の角煮旨辛丼の作り方

1、牛バラ肉(5~6㎝角に切ったもの 500g)は塩(小1/2)、黒こしょう(適量)で下味を付ける。

-

牛の角煮旨辛丼2、フライパンを熱してごま油(大1)をひき、牛肉、半分に切ったにんにく(1片)を入れて強火で焼く。途中にんにくに焼き目がついたら肉の上にのせる。全体に焼き目をつける。

-

牛の角煮旨辛丼3、鍋に2をにんにく、肉汁ごと加える。(a)の赤唐辛子(乾燥 3本)は半分にちぎって種ごと加え、その他(a)の水(小2 800㏄)、紹興酒(大1.5)、ローリエ(1枚)、八角(1個)、長ねぎ(青い部分 1本分)も加える。蓋をして弱めの中火で60分煮る。

※蓋をしてちょうど良い火加減で約1時間煮込むことで牛肉がやわらかく仕上がる

-

4、しょうゆ(小1)、砂糖(大1/2)、赤みそ、オイスターソース(各小2)を混ぜ合わせる。

-

5、鍋の長ねぎの青い部分、八角、ローリエを取り出し、4の合わせ調味料を加えて混ぜてひと煮する。

(b)の片栗粉(小2)、水(小2)をよく混ぜ合わせた水溶き片栗粉を加え、とろみがつくまで煮詰める。仕上げにすった花山椒(小1)を加えて混ぜる。

-

牛の角煮旨辛丼6、器に温かいごはん(どんぶり1杯分)をそれぞれ盛り、牛肉と煮汁をかけて、牛の角煮旨辛丼の完成。合わせて「春菊サラダ」を添える。

≪同時放送紹介≫

「春菊サラダ」 レシピはこちら
「オクラとひじきの卵スープ」 レシピはこちら

 

-

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ