海鮮炒り卵餃子(海鮮餃子)

スポンサーリンク

海鮮炒り卵餃子(海鮮餃子)

料理名 海鮮炒り卵餃子(海鮮餃子)
番組名 男子ごはん
料理人 栗原心平
放送局 テレビ東京
放送日 2017年11月19日(日)

 

タラとエビをたっぷり

人気企画「餃子&チャーハン第9弾」ということで肉を使わない餃子&チャーハンを紹介。ここでは、「海鮮炒り卵餃子(海鮮餃子)」の作り方になります。タラとエビをたっぷり使ったシーフード餃子。炒り卵も加えて魚介の食感を引き立てます。

スポンサーリンク

海鮮炒り卵餃子(海鮮餃子)の材料(2人分)

 

餃子の皮(大判) 20枚
生タラ 250g
エビ 10尾(150g)
万能ねぎ 10本
しょうが 1片
炒り卵
2個
砂糖 小さじ1
小さじ1/4
a
大さじ2
オイスターソース 小さじ2
片栗粉 小さじ1
小さじ1/2
サラダ油 大さじ1
100cc
ごま油 適量
片栗粉 適量
餃子のタレ
かつおだし 大さじ3
しょうゆ 大さじ1
大さじ1/2
砂糖 小さじ1

 

 

海鮮炒り卵餃子(海鮮餃子)の作り方

1、炒り卵を作ります。

卵(2個)を溶いて塩(小1/4)、砂糖(小1)を加えて混ぜます。フライパンを熱して卵液を入れてポロポロになるまで炒め、取り出して粗熱を取ります。

2、生タラ(250g)は骨と皮を取り除いて包丁で細かくひきちぎりながら切ります。エビ(10尾(150g))は殻をむいて背ワタを取り除き、包丁の腹で潰してから細かく叩きます。万能ねぎ(10本)は小口切りにし、しょうが(1片)はみじん切りにします。

3、ボウルに1、2、aの酒(大さじ2)・オイスターソース(小さじ2)・片栗粉(小さじ1)・塩(小さじ1/2)を入れてよく混ぜます。餃子の皮(大判 20枚)の縁に水(分量外:適量)をぐるりとつけ、具を真ん中にティースプーン1杯のせ、包むように半分に折り、ひだを寄せながらピッチリと閉じます。

4、フライパンに3の半量の底に片栗粉(小1)をつけて並べ、サラダ油(大さじ1/2)を回し入れて強火で焼きます。チリチリしてきたら水(50㏄)を足し、蓋をして蒸し焼きにします。水分が少なくなってきたらごま油(適量)を足してこんがりと焼き上げます。

焼き目が上になるようにして器に取り出します。残り半量も同様に焼きます。

5、よく混ぜた餃子のタレのかつおだし(大さじ3)・しょうゆ(大さじ1)・酢(大さじ1/2)・砂糖(小さじ1)を添えます。

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ