夏野菜のチムタック

スポンサーリンク

夏野菜のチムタック

夏野菜のチムタック

料理名 夏野菜のチムタック
番組名 男子ごはん
料理人 コウケンテツ
放送局 テレビ東京
放送日 2015年8月23日(日)

 

鶏肉と野菜、春雨を煮込んで

男子ごはんでは、コウケンテツさんをゲストに迎えて「夏に食べたい韓国料理」を作って紹介していました。ここでは、コウケンテツさんの鶏肉と野菜、春雨などを煮込んだ「夏野菜のチムタック」のレシピになります。しょうゆにハチミツや黒砂糖を加えた甘辛い味つけの一品。鶏肉は煮込む前に下茹でして、臭みを取り除くところがポイントです!

スポンサーリンク

夏野菜のチムタックの材料(4人分)

 

骨付き鶏ももぶつ切り肉 600g
春雨 50g
オクラ 5本
きゅうり 1本
ズッキーニ 1/2本
じゃがいも 2個
わけぎ 2~3本
玉ねぎ 1/2個
生唐辛子 2本
ごま油 大さじ1
白いりごま 大さじ1
3カップ
(漬けダレ)
しょうゆ 大さじ4
黒砂糖 大さじ2
はちみつ 大さじ1
1/4カップ
おろしにんにく 1片分
おろししょうが 1片分

 

 

夏野菜のチムタックの作り方

1、骨付き鶏ももぶつ切り肉(600g)は熱湯でさっと茹でてザルにあげて洗う。じゃがいも(2個)は皮をむいて幅7~8mmの輪切りにし、水につける。春雨(50g)は水に10分ほどつける。

 

わけぎ(2~3本)は4~5cmに切る。玉ねぎ(1/2個)はくし切りにする。ズッキーニ(1/2本)は輪切りにする。きゅうり(1本)、生唐辛子(2本)は斜め薄切りにする。オクラ(5本)はガクをむいて斜め半分に切る。

※鶏肉はさっと茹でることで、臭みが取れる

※春雨は水で戻すことでほどよい硬さになる

-

2、ボウルに漬けダレのしょうゆ(大4)、黒砂糖(大2)、はちみつ(大1)、酒(1/4カップ)、おろしにんにく(1片分)、おろししょうが(1片分)を混ぜ、鶏肉に揉み込んだら10分程置く。

 

-

3、熱した鍋にごま油(大1)をひき、2の鶏肉の汁気を切ってさっと炒める。

肉の色が変わったら、水(3カップ)を加えて煮立て、アクを取って弱火で蓋をして30分ほど煮る。

 

-

夏野菜のチムタック4、残った漬けダレ、玉ねぎ、じゃがいもを加えてさらに煮る。

-

夏野菜のチムタック5、じゃがいもが柔らかくなったら春雨、ズッキーニ、唐辛子、オクラ、きゅうり、わけぎを加えてさっと煮る。白いりごま(大1)をふる。

-

夏野菜のチムタック6、器に盛り、夏野菜のチムタックの完成。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ