南関あげ丼

南関あげ丼

料理名 南関あげ丼
番組名 男子ごはん
料理人 栗原心平
放送局 テレビ東京
放送日 2018年7月1日(日)

 

コメント

ご当地ごはん第4弾「熊本のご当地グルメ!」ということで、料理2品を紹介。ここでは、「南関あげ丼」の作り方になります。熊本県南関町に古くから伝わる揚げ豆腐「南関あげ」を丼レシピにアレンジ。

南関あげ丼の材料(2人分)

 

南関あげ 3枚
アサリ(砂抜き済) 400g
2個
わけぎ 2本
a
かつおだし 400㏄
しょうゆ 大さじ4
砂糖 大さじ1.5
大さじ1
みりん 大さじ1/2
b
片栗粉、水 各小さじ2
韓国のり 適量
温かいごはん 2人分

 

 

南関あげ丼の作り方

1、南関あげ(3枚)は4等分に切ります。

卵(2個)は溶きます。

わけぎ(2本)は1㎝幅の斜め切りにします。

2、鍋にかつおだし(400㏄)を煮立て、aのしょうゆ(大さじ4)・砂糖(大さじ1.5)・酒(大さじ1)・みりん(大さじ1/2)を加えます。

再び沸いてきたらアサリ(砂抜き済 400g)を加えて煮ます。

アサリの口が開いたら、煮汁とアサリに分けます。殻から身を取り出します。

3、煮汁に南関あげを入れて落し蓋をして中火で10分煮ます。

よく混ぜたbの片栗粉、水(各小さじ2)を加えて素早く混ぜながら煮詰めてとろみをつけます。

わけぎ、アサリの身を加えてひと煮します。わけぎがくたっとしたら、溶き卵を回し入れて好みに固さまで加熱します。

4、器に温かいごはん(2人分)を盛り、③をかけ、ちぎった韓国のり(適量)を散らします。

 

 

このページの先頭へ