タン塩とレタスの鍋焼きうどん

スポンサーリンク

タン塩とレタスの鍋焼きうどん

タン塩とレタスの鍋焼きうどん

料理名 タン塩とレタスの鍋焼きうどん
番組名 男子ごはん
料理人 栗原心平
放送局 テレビ東京
放送日 2016年1月17日(日)

 

ごまの香りと胡椒の効いた

男子ごはんではさむ~い今の時期に持ってこい!と「タン塩とレタスの鍋焼きうどん」の作り方を紹介していました。ごま油で焼いた牛タンを加え、ダシに牛タンの旨みとごまの香りを加えるところが栗原心平流!具材のレタスは、2度に分け入れてシャキシャキ食感を活かすところもポイントです。たっぷりの胡椒を効かせて、身体を温めましょう!

スポンサーリンク

タン塩とレタスの鍋焼きうどんの材料(2人分)

 

牛タン(焼き肉用) 150g
ゆでうどん 2玉
レタス 1/4個
長ねぎ 小1本
しいたけ 1個
かまぼこ 4切れ
2個
塩、白こしょう 各適量
ダシ汁(カツオ) 800㏄
ごま油 小さじ2
レモン(くし型に切ったもの) 適量
(a)
薄口しょうゆ 大さじ2
みりん、酒 各大さじ1
小さじ1/2

 

 

タン塩とレタスの鍋焼きうどんの作り方

1、牛タン(焼き肉用 150g)は半分に切って、塩、白こしょう(各適量)を振り、下味をつける。

-

2、しいたけ(1個)は5㎜厚さに切る。

-

3、レタス(1/4個)は細切りにし、長ねぎ(小1本)は5㎝長さに切ってからの縦細切りにし、白髪ねぎにしてボウルに合わせておく。

-

タン塩とレタスの鍋焼きうどん4、土鍋を熱してごま油(小2)を引き、牛タンを入れて強火で炒める。色が変わったらダシ汁(カツオ 800㏄)を加える。

沸いてきたら(a)の薄口しょうゆ、みりん、酒(各大1)、塩(小1/2)を加えて調味する。

※ごま油で牛タンを焼くことで、ごまの香りと牛タンの旨みがダシに溶け込む

-

タン塩とレタスの鍋焼きうどん5、アルコール分が飛んだらゆでうどん(2玉)を加えてザッとほぐす。3の半量、しいたけ、かまぼこ(4切れ)をのせて卵(2個)を落とし、蓋をして卵が好みの固さになるまで強めの中火で煮る。

※レタスは2回に分けて加えることで、2通りの食感を楽しむことができる

-

タン塩とレタスの鍋焼きうどん6、残りの3をのせ、白こしょうをたっぷり振り、タン塩とレタスの鍋焼きうどんの完成。好みでレモン(くし型に切ったもの 適量)を絞りながら食べる。

 

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

人気のレシピ

このページの先頭へ