シニガン

スポンサーリンク

シニガン

シニガン

料理名 シニガン
番組名 男子ごはん
料理人 栗原心平
放送局 テレビ東京
放送日 2015年12月6日(日)

 

酸味の効いたスープ

フィリピンの家庭料理を学ぶ!ということで、地元フィリピンのお母さんが作る家庭の味2品を紹介。ここでは「シニガン」の作り方になります。エビや野菜がたっぷり入った酸味の効いたスープ。タマリンドの酸味が味のポイント!

スポンサーリンク

シニガンの材料

 

有頭エビ(殻ごと)
シータオ
カンコン
グリーンタマリンド(またはレモン汁大さじ2)
小さなトマト(未熟のもの)
玉ねぎ
大根
青唐辛子
ナス
ナンプラー
カラマンシー

 

 

シニガンの作り方

1.グリーンタマリンドは柔らかくなるまで茹でる。柔らかくなったらつぶし、皮を外して、実をよく絞って果汁を出す。

トマトは半分に切る。ナスは斜め1cm幅に、玉ねぎは半分に切ってから5mmに切る。大根は皮をむいてから1cm幅に切る。

カンコンは葉をとっておく。シータオは3cm幅に切る。

●グリーンタマリンドはタマリンドの熟れる前のもの。シニガンの酸味づけには欠かせない

●カンコンはフィリピンで最もポピュラーな野菜(ほうれん草みたいな味)

-

シニガン2.鍋にトマト、玉ねぎ、シータオ、大根、ナス、水を加え、強火にかける。煮立ったら、塩を加えて中火で15分間煮る。

●シータオは日本のインゲンのような野菜。長いものでは1m近くになる

-

シニガン3.グリーンタマリンドの果汁を加える。有頭エビ、青唐辛子を加えて、約3分間煮る。

-

シニガン4.味をみてカラマンシー、ナンプラー、塩で調える。

火を止め、カンコンを加えて、蓋をする。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ