サバのすりながし汁

スポンサーリンク

サバのすりながし汁

サバのすりながし汁

料理名 サバのすりながし汁
番組名 男子ごはん
料理人 栗原心平
放送局 テレビ東京
放送日 2015年11月22日(日)

 

そぼろ状のサバの旨みが溶け出す

男子ごはんでは、サバを使った絶品3品を定食風に仕上げていました。ここでは、「サバのすりながし汁」の作り方になります。そぼろ状のサバの旨みがだし汁に溶けだした一品。熱々に熱しただし汁をサバの身にかけて、臭みを出さないようにするのが美味しさのポイント!

スポンサーリンク

サバのすりながし汁の材料(2人分)

 

サバ 半身
だし汁(かつお) 600cc
れんこん 100g
にんじん 50g
おろししょうが 適量
三つ葉 適量
(a)
酒、みりん 各大さじ1
薄口しょうゆ 大さじ1
小さじ1/2

 

 

サバのすりながし汁の作り方

1、サバ(半身)はスプーンで身をこそぎ、包丁でたたき、すり鉢に入れる。

※サバは血合いを残して、身をこそぐことで生臭くならない

2、れんこん(100g)は皮をむき、薄いいちょう切りにする。にんじん(50g)は薄い半月切りにする。

サバのすりながし汁3、鍋にだし汁(かつお 600cc)、2を入れて強めの中火で5分煮る。(a)の酒、みりん(各大1)、薄口しょうゆ(大1)、塩(小1/2)を加えて調味する。おろししょうが(適量)を加えてひと煮する。

サバのすりながし汁4、3のだし汁をお玉3杯ほど1のすり鉢に加える。すりこぎでサバを潰すように混ぜ、そぼろ状にして3の鍋に戻し入れ、沸騰させる。

※しっかりと熱しただし汁をかけることで、サバが生臭くならない

サバのすりながし汁5、器によそって刻んだ三つ葉(適量)をのせて、サバのすりながし汁の完成。

【同日放送紹介の定食風レシピ】

「塩サバと野沢菜のせごはん」レシピはこちら

「黒酢だれの揚げサバ」レシピはこちら

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ