エビ餃子

スポンサーリンク

エビ餃子

料理名 エビ餃子
番組名 男子ごはん
料理人 栗原心平
放送局 テレビ東京
放送日 2016年11月27日(日)

 

挽き肉にエビ&レタスの新食感の餃子

お昼の王道メニューチャーハン&餃子の第6弾ということで、「カツオのなまり節チャーハン」と「エビ餃子」の2品を紹介していました。ここでは、「エビ餃子」の作り方になります。豚挽き肉に潰したエビ、キャベツや白菜の代わりにレタスを使います。独特の弾力ある新食感の焼き餃子。酢ラー油でいただきます。

スポンサーリンク

エビ餃子の材料(2人分)

 

むきエビ 150g
豚ひき肉 150g
レタス 40g
玉ねぎ 30g
しょうが(みじん切り) 1/2片
(a)
酒、しょうゆ、オイスターソース 各小さじ1
小さじ1/3
餃子の皮 1袋
サラダ油 大さじ1/2
片栗粉、ごま油、酢、ラー油 各適量

 

 

エビ餃子の作り方

1、レタス(40g)は1㎝角に刻みます。玉ねぎ(30g)はみじん切りにします。むきエビ(150g)は洗ってあれば背ワタを取り除き、木べらで潰します。

※エビは潰すことで他の具材とうまく混じり、さらに独特の弾力ある食感が生まれる

-

2、ボウルに1、しょうが(みじん切り 1/2片)、豚ひき肉(150g)、(a)の酒、しょうゆ、オイスターソース(各小1)を入れてよく混ぜます。

エビ餃子

-

3、餃子の皮(1袋)の縁に水をグルリとつけ、真ん中に2をティースプーン1杯のせ、包むように半分に折り、両端を入れ込みながらひだを寄せてピッチリと閉じます。

-

4、フライパンにサラダ油(大1/2)を引き3の底に片栗粉(少々)をつけて強火にかけます。パチパチ音がしてきたら水(分量外:約60㏄)を加えて蓋をして中火で蒸し焼きにします。

-

5、水分が無くなってきて裏に焼き目がついたらごま油をたらしてカラッと焼き上げます。残りも同様に焼きます。

-

6、器に盛り、酢、ラー油(各適量)を添えて、エビ餃子の完成。

エビ餃子

-

 


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ