エビとヤングコーンの焦がしバターソテー

スポンサーリンク

エビとヤングコーンの焦がしバターソテー

エビとヤングコーンの焦がしバターソテー

料理名 エビとヤングコーンの焦がしバターソテー
番組名 男子ごはん
料理人 栗原心平
放送局 テレビ東京
放送日 2016年7月10日(日)

 

焦がしバターでコクのあるソースに!

ビールに合う!夏のおつまみ絶品3品を紹介。ここでは、エビとヤングコーンで作る「エビとヤングコーンの焦がしバターソテー」の作り方になります。焦がしバターを使うことで、コクのあるソースに仕上げるところがポイント!香菜(パクチー)はお好みでなくても美味しくいただけます。

スポンサーリンク

エビとヤングコーンの焦がしバターソテーの材料((2~3人分))

 

エビ 12尾
ヤングコーン(5分くらい
茹でて火を通したもの)
8本
バター 20g
にんにく(みじん切り) 1/2片分
大さじ1
白ワイン 大さじ1
刻んだ香菜(パクチー) 適量
小さじ1/3
黒こしょう 適量

 

 

エビとヤングコーンの焦がしバターソテーの作り方

1、エビ(12尾)は尾を残して殻をむいて背開きにして背ワタを取り除く。洗って水気を拭き、塩(小1/3)、黒こしょう(適量)を振る。

-

2、フライパンにバター(20g)を入れて溶かし、泡が出てきたら火を弱めて加熱し、茶色になってきたら半分器に取り出す。

※バターを焦がすことで、香ばしさが加わり、深みのある味になる

-

エビとヤングコーンの焦がしバターソテー3、2のフライパンににんにく(みじん切り 1/2片分)、エビを入れて強火で炒める。

エビの色が変わり始めたらヤングコーン(5分くらい茹でて火を通したもの 8本)を加えて炒める。

-

エビとヤングコーンの焦がしバターソテー4、エビに8割くらい火が通ったら白ワイン(大1)、水(大1)を加えてザッと炒める。2の残りの焦がしバターを加えてからめる。

-

エビとヤングコーンの焦がしバターソテー5、器に盛り、フライパンに残ったタレを回しかけ、刻んだ香菜(パクチー 適量)をちらして、エビとヤングコーンの焦がしバターソテーの完成。

 

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ