エスニック餃子

スポンサーリンク

エスニック餃子

エスニック餃子

料理名 エスニック餃子
番組名 男子ごはん
料理人 栗原心平
放送局 テレビ東京
放送日 2015年9月6日(日)

 

ハーブが香る新感覚の餃子

男子ごはんでは、お昼の新定番!ということで、「エスニック餃子」の作り方を紹介。ミントと香菜を加えて爽やかな味と香りをプラス!タレもエスニック風味に仕上げる新感覚のエスニック餃子のレシピです。

スポンサーリンク

エスニック餃子の材料(2人分)

 

豚ひき肉 200g
ミント 4g
香菜 適量(多め)
玉ねぎ 1/2個(100g)
にんにく(みじん切り) 1片分
赤唐辛子(小口切り) 小さじ1
餃子の皮 1袋
サラダ油 大さじ1
ごま油 大さじ1
片栗粉 適量
100㏄
(a)
砂糖、塩 各小さじ1/2
片栗粉 小さじ1
薄口しょうゆ 大さじ1/2
<餃子のたれ>
香菜 1枝
レモン汁 大さじ1
ナンプラー 大さじ1/2
砂糖 小さじ1/2

 

 

エスニック餃子の作り方

1、玉ねぎ(1/2個(100g))、ミント(4g)、香菜(適量(多め))はみじん切りにする。赤唐辛子(小口切り 小1)は細かく刻む。

 

-

エスニック餃子2、ボウルに豚ひき肉(200g)、にんにく(みじん切り 1片分)、1の玉ねぎとミントと香菜、赤唐辛子、(a)の砂糖、塩(各小1/2)、片栗粉(小1)、薄口しょうゆ(大1/2)を入れてよく混ぜる。

餃子の皮(1袋)の縁に水をぐるりとつけ、真ん中に具をのせて包むように半分に折り、ひだを寄せながらピッチリと閉じる。

※ミントと香菜を使うことで、爽やかな味と香りが加わる

-

エスニック餃子3、フライパンにサラダ油(大1)を引き、いったん火を止める。2の底に片栗粉(適量)をつけながらフライパンに並べる。

強めの中火にかけ、チリチリ音がしたら水(100㏄)を注ぎ、蓋をして強めの中火で蒸し焼きにする。

-

4、水の泡が大きくなってきたら極弱火にしてさらに5分加熱する。ごま油(大1)を回しかけてカリッと焼き上げる。焼き目を上にして器に取り出す。

-

エスニック餃子5、レモン汁(大1)、ナンプラー(大1/2)、砂糖(小1/2)を混ぜて器に入れ、みじん切りした香菜(1枝)を加えたたれを添えて、エスニック餃子の完成。

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ