エスニックチキンライス

スポンサーリンク

エスニックチキンライス

エスニックチキンライス

料理名 エスニックチキンライス
番組名 男子ごはん
料理人 栗原心平
放送局 テレビ東京
放送日 2016年8月7日(日)

 

夏に食べたくなる!エスニックチキンライス

夏に食べたくなる!エスニックチキンライスということで、栗原心平さんが「エスニックチキンライス」の作り方を紹介していました。鶏肉の旨みを出したスープでご飯を炊き上げ、カリッと香ばしく焼き上げた鶏もも肉に甘辛だれをたっぷりとかけていただくボリューム&スタミナ満点のわプレート料理。にんにくナンプラーの効いたタレをかけていただきます。

スポンサーリンク

エスニックチキンライスの材料(2人分)

 

鶏もも肉 1枚(約300g)
2合
赤ピーマン 1個
いんげん 8本
青唐辛子 2本
にんにく(みじん切り) 1/2片分
(a)
にんにく(みじん切り) 1片分
ナンプラー 小さじ4
豆板醤 小さじ1
はちみつ 小さじ2
オリーブ油 大さじ1
2カップ
大さじ1
適量
ブロッコリースーパースプラウト、ライム(くし型に切る) 各適量

 

 

エスニックチキンライスの作り方

1、鶏もも肉(1枚(約300g))は半分に切って身の厚い部分に切り込みを入れ、塩(小さじ1/2)を振る。

-

エスニックチキンライス2、フライパンに水(2カップ)、酒(大1)を入れて火にかけ、沸いてきたら1の鶏肉を入れて蓋をして強めの中火で5分茹でる。

茹で汁と鶏肉に分け、茹で汁は冷ます。

-

エスニックチキンライス3、2の茹で汁は300㏄分計量する。米(2合)は洗って炊飯釜に入れ、茹で汁、にんにく(みじん切り 1/2片分)を入れて5分おいてから普通に炊く。

※鶏肉を茹でた煮汁を使ってご飯を炊くことで、鶏のだしの効いたご飯に仕上がる

-

4、いんげん(8本)は半分に切り、赤ピーマン(1個)は縦細切りにする。青唐辛子(2本)は斜め半分に切る。

-

エスニックチキンライス5、(a)のにんにく(みじん切り 1片分)、ナンプラー(小4)、豆板醤(小1)、はちみつ(小2)を混ぜ合わせる。

-

エスニックチキンライス6、フライパンを熱してオリーブ油をひき、2の鶏肉を皮を下にして入れて蓋をして中火で焼く。焼き目がついたら返して両面を焼いて取り出す。

-

エスニックチキンライス7、6のフライパンに4のいんげん、赤ピーマンを入れて塩(1つまみ)を振って強火で炒める。

-

エスニックチキンライス8、器に3のご飯、6の鶏肉を盛って7の野菜、ブロッコリースーパースプラウト、ライム(くし型に切る 各適量)を添えて、の完成。5を回しかけて食べる。

≪同日放送紹介≫

●太一くんレシピ「アボカドとピータンのサラダ(カドタン)」レシピはこちら

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ