イタリアンホルモン焼き

スポンサーリンク

イタリアンホルモン焼き

イタリアンホルモン焼き

料理名 イタリアンホルモン焼き
番組名 男子ごはん
料理人 栗原心平
放送局 テレビ東京
放送日 2017年4月2日(日)

 

簡単&ボリューミー

「大人気!!ホットプレート企画第6弾!」ということで、ホットプレートを使ってイタリアン料理を紹介していました。ここでは、「イタリアンホルモン焼き」の作り方になります。ニンニク・バジルなどのタレに漬け込んで焼くだけ!そのままでも、リーフレタスに粒マスタードをつけて包んでも!

スポンサーリンク

イタリアンホルモン焼きの材料(2~3人)

 

鶏もも肉 600g
砂肝 180g
レバー(ハツ入り) 180g
a
にんにく(おろしたもの) 1片分
バジル(みじん切り) 1パック(16g)
オリーブ油 大さじ3
白ワイン 大さじ2
小さじ1
ナツメグ 小さじ1/2
黒こしょう 適量
オリーブ油 適量
リーフレタス 適量
粒マスタード 適量

 

 

イタリアンホルモン焼きの作り方

1、レバー(ハツ入り 180g)はひと口大に切ります。ハツは半分に切って血の塊を取り除きます。砂肝(180g)は2つに切り分け、横に2か所切り込みを入れます。鶏もも肉(600g)はひと口大に切ります。

2、ボウルに1を入れ、aのにんにく(おろしたもの 1片分)・バジル(みじん切り 1パック(16g))・オリーブ油(大さじ3)・白ワイン(大さじ2)・塩(小さじ1)・ナツメグ(小さじ1/2)・黒こしょう(適量)を加えてよく揉み込みます。30分くらいおきます。

イタリアンホルモン焼き

※下味をつけてしっかり30分寝かせることで、具材にしっかり味がしみ込み美味しく仕上がる

3、ホットプレートを熱してオリーブ油(大3)をひき、2を入れて炒めます。表面の色が変わったら蓋をして焼きします。途中、裏返します。

イタリアンホルモン焼き

4、火が通ったらそのまま、またはリーフレタス(適量)に粒マスタード(適量)をつけて包んで食べます。

イタリアンホルモン焼き


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ