お祭りもんじゃ(おつまみもんじゃ) 

スポンサーリンク

お祭りもんじゃ(おつまみもんじゃ)

お祭りもんじゃ(おつまみもんじゃ)

料理名 お祭りもんじゃ(おつまみもんじゃ)
番組名 男子ごはん
料理人 井ノ原快彦
放送局 テレビ東京
放送日 2015年8月2日(日)

 

お好みの具を絡めながら食べるもんじゃ

男子ごはんでは、V6の井ノ原快彦さんをゲストに迎えて「真夏の1時間スペシャル」を放送。ハーブを使った肉料理やホットプレートで作るおつまみなどを作っていました。ここでは、イノッチのホットプレートで作る「お祭りもんじゃ(おつまみもんじゃ)」の作り方の紹介です。具材と生地を別に焼いて、お好みの具を絡めながら食べる。という、イノッチのアイデアレシピ!もんじゃが苦手な栗原心平さんも、「これならいいねぇ」と好評のお祭りもんじゃの作り方です。

スポンサーリンク

お祭りもんじゃ(おつまみもんじゃ) の材料(3回分)

 

<もんじゃの生地>
薄力粉 大さじ4
300㏄
和風だしの素 小さじ1
ウスターソース 大さじ1~2
しょうゆ 小さじ1
<トッピング>
万能ねぎ(小口切り) 1束
キャベツ(細切り) 1個
揚げ玉 大さじ3
<お好みの具>
切り餅(1㎝角に切る) 8個
茹でたこ
(小さめのぶつ切り)
400g
豚切り落とし肉 400g
ソーセージ
(斜め5㎜厚さに切る)
2袋
いんげん(4等分に切る) 2袋
長ねぎ(2㎝長さに切る) 3本
えのき、しめじ
(小房に分ける)
各2パック
にんにくの芽
(3㎝長さに切る)
2袋
長芋(3㎜厚の半月切り) 10㎝

 

 

お祭りもんじゃ(おつまみもんじゃ) の作り方

お祭りもんじゃ(おつまみもんじゃ)1、もんじゃの生地を作る。ボウルに薄力粉(大4)を入れて水(300㏄)を少しずつ加えて溶き混ぜる。

ウスターソース(大1~2)、しょうゆ(小1)、和風だしの素(小1)、揚げ玉(大3)を加えてよく混ぜる。

 

お祭りもんじゃ(おつまみもんじゃ)2、ホットプレートを180℃に熱してサラダ油(少々)をひき、片側でお好みの具の切り餅(1㎝角に切る 8個)、茹でたこ(小さめのぶつ切り 400g)、豚切り落とし肉(400g)、ソーセージ(斜め5㎜厚さに切る)、いんげん(4等分に切る 2袋)、長ねぎ(2㎝長さに切る 3本)、えのき、しめじ(小房に分ける 各2パック)、にんにくの芽(3㎝長さに切る 2袋)、長芋(3㎜厚の半月切り 10㎝)を並べて焼く。

※もんじゃの生地とは別に具材を焼く

3、生地を焼く直前に1の生地にキャベツ(細切り 1個)、万能ねぎ(小口切り1束)を加えて混ぜ合わせる。

お祭りもんじゃ(おつまみもんじゃ)4、ホットプレートの具材を片方に寄せて、空いた所に3を流し入れて焼く。混ざったら薄く広げてそのまま少し焼き固める。

 

お祭りもんじゃ(おつまみもんじゃ)5、もんじゃの端が焦げてきたら、お祭りもんじゃ(おつまみもんじゃ) の完成。お好みの具を絡めながら食べる。


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ