鶏肝ときのこの赤ワイン煮

スポンサーリンク

鶏肝ときのこの赤ワイン煮

鶏肝ときのこの赤ワイン煮

料理名 鶏肝ときのこの赤ワイン煮
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 小池浩司
放送局 テレビ朝日
放送日 2017年7月28日(金)

 

短時間で作れる赤ワイン煮

「元気が出る料理」というテーマで、「鶏肝ときのこの赤ワイン煮」の作り方の紹介です。「一流レストランの味。じっくり煮込んだようなおいしさが、こんな短時間で作れるとは驚きです。この味の深みは黒にんにくの効果でしょうか?とてもおいしいです。」と上沼恵美子さん。

スポンサーリンク

鶏肝ときのこの赤ワイン煮の材料(2人分)

 

鶏レバー 200g
黒にんにく 2片
玉ねぎ 50g
砂糖 小さじ1
ベーコン 1枚(15g)
マッシュルーム 6個
赤ワイン 100ml
デミグラスソース 50ml
大さじ2
大さじ1/2
バター 10g
適量
こしょう 適量

 

 

鶏肝ときのこの赤ワイン煮の作り方

1、鶏レバー(200g)は血のかたまりや大きな筋を取り除いて一口大に切り、黒にんにく(2片)は皮をむいてつぶします。

鶏肝ときのこの赤ワイン煮

-

2、玉ねぎ(50g)は繊維に逆らって7mm幅に切り、ベーコン(1枚(15g))は1cm幅に切り、マッシュルーム(6個)は縦半分に切ります。

鶏肝ときのこの赤ワイン煮

-

3、鶏レバーに塩(適量)、こしょう(適量)し、フライパンに油(大1/2)を熱し、両面を中火で焼いて取り出します。

鶏肝ときのこの赤ワイン煮

※鶏レバーは両面を中火で焼いて取り出す。

-

4、(3)のフライパンの油をふき、砂糖(小1)、玉ねぎを加え、中火で色づくまで炒め、ベーコン、バター(10g)を加えて軽く炒め、マッシュルームを加えて更に炒め、赤ワイン(100ml)を加えて半量になるまで煮つめます。

※砂糖と玉ねぎを中火で茶色くなるまで炒める。

-

5、(4)にデミグラスソース(50ml)、分量の水(大2)、黒にんにくを加え、レバーを戻して温めて、こしょう(適量)を入れて仕上げます。

鶏肝ときのこの赤ワイン煮

-

6、器に盛ります。

鶏肝ときのこの赤ワイン煮


スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ