鶏のスパイシー焼き

スポンサーリンク

鶏のスパイシー焼き

鶏のスパイシー焼き

料理名 鶏のスパイシー焼き
番組名 上沼恵美子のおしゃべりクッキング
料理人 宮崎耕一
ゲスト 錦野旦
放送局 テレビ朝日
放送日 2016年5月04日(水)

 

骨付き肉をパリパリ&ジューシーに

「家族でお肉」というテーマで、「鶏のスパイシー焼き」の作り方の紹介です。骨付き肉に短時間で味付けします。調味料を切り込みにしっかりすり込むところがポイント。「せんべいみたいに上手に、パリパリ。このサラダ真似しよう。ピリ辛の味がすごくいいです。」と上沼恵美子さん。

スポンサーリンク

鶏のスパイシー焼きの材料(4人分)

 

鶏骨つきもも肉 4本
香菜(シャンツァイ) 6株
長ねぎ 2/3本
ピーマン 4個
しょうが(細切り) 10g
紹興酒 適量
適量
(鶏肉の下味)
大さじ1
クミンパウダー 小さじ1と1/2
黒こしょう(粗びき) 大さじ1
(野菜の味つけ)
小さじ1/2
砂糖 小さじ1/2
しょうゆ 小さじ2
小さじ2
ごま油 小さじ2
花椒粉(ホァジャオフェン) 適量
ラー油 適量

 

 

鶏のスパイシー焼きの作り方

1、鶏骨つきもも肉は、身側に骨に沿って切り込みを入れる。

-

鶏のスパイシー焼き2、鶏肉の下味の塩(大1)、クミンパウダー(小1と1/2)を合わせ、鶏肉の身側にしっかりすり込み、黒こしょう(粗びき 大1)をふる。

※鶏肉は切り込みに調味料をしっかりすり込む。

-

3、(2)の皮目を上にして皮に紹興酒(適量)を塗り、10〜20分置く。

-

鶏のスパイシー焼き4、(3)の皮に油(適量)を塗り、240度のオーブンで20分焼く。

※焼く直前に皮に油を塗る。

-

5、香菜(シャンツァイ 6株)は6cm長さに切り、ピーマン(4個)は繊維に逆らって細切りにし、長ねぎ(2/3本)は縦半分に切って斜め細切りにし、しょうが(細切り 10g)と共に水に漬けて混ぜ、取り出して水分をよくきる。

-

6、ボウルに野菜の味つけの塩(小1/2)、砂糖(小1/2)、しょうゆ(小2)、酢(小2)、ごま油(小2)を合わせ、(5)の野菜、花椒粉(ホァジャオフェン 適量)、ラー油(適量)を加えて和える。

-

鶏のスパイシー焼き7、(4)を器に盛り、(6)を添えて、鶏のスパイシー焼きの完成。

 

-

スポンサーリンク


人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ

このページの先頭へ